敗戦の3部ドレスデンに賛辞、勝利のドルトムントに暗雲…。対照的な反応の各地元紙

DFBポカールのベスト16、ドルトムントは3部ディナモ・ドレスデンに2-0と勝利を収めたが、マルコ・ロイスが負傷退場。上昇気流に乗るチームにおいて中心として活躍していただけに地元紙は懸念を示した。一方でドレスデンの地元紙はトップクラブ相手に善戦した姿に賛辞を送った。

2015年03月05日(Thu)11時31分配信

text by 本田千尋 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

「最後の数秒までワクワクさせる」

敗戦の3部ドレスデンに賛辞、勝利のドルトムントに暗雲…。対照的な反応の各地元紙
3部所属のディナモ・ドレスデンはDFBポカール(ドイツ・カップ)のベスト16で敗退【写真:Getty Images】

「ディナモがポカールの奇跡を逃す」と大きな見出しを見つけたのは、ドレスデンの地元紙ドレスデナー・モルゲン・ポストである。

 同紙は小見出しを「繰り返し奇跡は起こるものだ。昨晩は残念ながら起こらなかった。ディナモはDFBポカールのベスト16で僅差の0-2で姿を消したが、大きなボルシア・ドルトムントと戦った」としている。

 2015年3月3日、3部所属のディナモ・ドレスデンはDFBポカール(ドイツ・カップ)のベスト16で敗退した。1回戦で1部所属のシャルケを相手に大金星をあげ、2回戦では2部のボーフムも下したドレスデンだったが、「奇跡」は続かなかった。ドルトムントに0-2で敗れる。

 それでも地元紙ならではと言うべきか、「僅差」で敗退したドレスデンの戦いを讃える論調だ。ドルトムントについては「ボールを多く支配したが、正しい情熱に欠け、ほとんど既に冷め過ぎていて感情が無い。選手達の輝きは多く見受けられなかった」と手厳しい。

 一方で、オラが街のドレスデンに対しては、31分にクレウツァーがエリア内であわやPKを獲得したかに思えた場面を挙げながら、「ディナモは前半戦は見事な働きを見せる」として健闘を讃えている。50分にインモービレに先制ゴールを奪われながらも、「それでもディナモは諦めない」。

「インモービレがカウンターの後で0-2となるゴールを決める(90分)」という一文の前には、「最後の数秒までワクワクさせる」と記している。

1 2

新着記事

↑top