マルコ・ロイス

香川真司

香川温存で復帰のロイス起用か。ドルトムント、ファンとの絆試される総力戦へ

チームバスが爆発に巻き込まれた事件が徐々に沈静化する中、ボルシア・ドルトムントは現地時間15日にフランクフルトとのリーグ戦に臨む。長く戦列を離れていた頼れるスターの帰還も迫っている。選手たちの心の傷が癒えない中、トーマス・トゥヘル監督はどんなチームを送り出すだろうか。香川真司の起用法はいかに。(取材・文:本田千尋【ドルトムント】)

香川真司

香川が語るドルトの「カウンター型」布陣。逆転突破目指し、ロイス不在でCLベンフィカ戦へ

ドルトムントは現地時間8日、チャンピオンズリーグ(CL)ベスト16の2ndレグでベンフィカとホームで対戦する。アウェイでの1stレグは0-1で敗れており、ベスト8に進出するためにはホームでの勝利が絶対条件となる。そんな中、攻撃のキープレーヤーであるマルコ・ロイスが直前のリーグ戦で負傷。トーマス・トゥヘル監督も「極めて大きな損失」と嘆いた。それでも、ドルトムントは香川真司が「カウンター型」と説明するフォーメーションでベンフィカ戦に挑むことになるだろう。ポルトガルの古豪を迎える一戦で、逆転突破となるだろうか。(取材・文:本田千尋【ドルトムント】)

ロイス

ドルトが見せた“フットボールの原点”。「本当の闘い」が勝利を手繰り寄せる

ボルシア・ドルトムントは現地時間4日、ブンデスリーガ第9節でRBライプツィヒに1-0で勝利を収めた。前半戦で敗れた相手に対し、ドルトムントは真っ向から勝負を挑む。その姿はまさに“フットボールの原点”を見せてくれた。(取材・文:本田千尋【ドルトムント】)

ウスマンヌ・デンベレ

ドルト、難敵相手に10人でドロー。ロイス退場でより明確になった強み

 ボルシア・ドルトムントは現地時間16日、好調ホッフェンハイムと対戦した。ブンデスリーガ唯一の無敗チームとのアウェイゲームは2-2の引き分け。前半終盤にマルコ・ロイスが退場となった“アクシデント”が、一人の男をかえって輝かせた。(取材・文:本田千尋【ホッフェンハイム】)

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top