マルコ・ロイス

0916Dortmund_getty

ドルトムント、20/21予想スタメン全選手紹介&フォーメーション。ハーランドとサンチョだけじゃない、中盤に食い込む2人の17歳

2シーズン連続2位という結果に終わったボルシア・ドルトムントは、大型補強を敢行した昨夏とは対照的にピンポイントの補強に留めている。ゴールを量産し続けるアーリング・ハーランドや、残留を決めたジェイドン・サンチョら有望な若い選手がひしめく中で、2人の17歳がレギュラーの座を狙っている。今回は20/21シーズンのレギュラーが予想される11人を基本フォーメーションとともに紹介する。

ドイツ代表

ドイツ代表メンバーって誰がいるの? 現在の主力は? ミュラー、フンメルスら重鎮が“引退”、後を継ぐ男たち

連覇を目指して挑んだロシアワールドカップではまさかのグループリーグ敗退に終わったドイツ代表。その後のUEFAネーションズリーグでもグループ最下位に終わるなど、苦戦は続いている。ただ、チームは世代交代を着々と進めており、現在は若い選手が中心となって再建を目指している。今回は、そんなドイツ代表のメンバーを基本フォーメーションからポジションごとに紹介していく(代表成績は10月13日のエストニア代表戦終了時のもの)。

20200505_focus_getty

世界最高のトップ下は誰だ! 攻撃的MF能力値ランキング6位~10位。小さな巨人にガラスのエースも!(19/20シーズン確定版)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

20200416_focus_getty

世界のサッカー選手能力値ランキング56位~60位。名だたるベテランたちがまさかの低迷…その理由とは?(19/20シーズン確定版)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

リオネル・メッシとルイス・スアレス

バルセロナ、メッシが見せた格の違い。1G2Aの圧巻の活躍と相棒との完璧なホットライン

チャンピオンズリーグ(CL)第5節、バルセロナ対ドルトムントの一戦が現地時間27日に行われ、ホームチームが3-1で勝利をした。この試合はホームのバルセロナが力の差を見せつけてグループステージ首位通過を決めた。中でも圧巻だったのは1G2Aのリオネル・メッシだった。(文:松井悠眞)

世界のトッププレイヤー能力値ランキング位36~40位。韓国が産んだアジア最高の選手…チームの要となる選手たち!Fチャン編集部が選定(2019/20シーズン版)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのものを参考)。

0723dortmund_reus

ドルトムント、香川真司も舌を巻いた“ロイス・システム”。強力故の弱点も…限界露呈した後半戦【18/19シーズン総括(12)】

2018/19シーズンは、これまでスペインが握っていた欧州の覇権がイングランドへと移る結果で幕を閉じた。タイトル獲得や昨季からの巻き返しなど様々な思惑を抱えていた各クラブだが、その戦いぶりはどのようなものだったのだろうか。今回はボルシア・ドルトムントを振り返る。(文:本田千尋)

0607%e3%83%96%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%ac%e3%83%99%e3%82%b9%e3%83%8811fw

18/19ブンデスリーガベストイレブン。長谷部誠が選出! Fチャン編集部が選定する名手たち【編集部フォーカス】

バイエルン・ミュンヘンの7連覇で幕を閉じた今季のドイツ・ブンデスリーガ。7連覇は同リーグでの最長記録だが、今季は2位・ボルシア・ドルトムントとの差はわずか2で、最終節で優勝が決まる接戦となった。今季のブンデスリーガはどのような選手たちの輝きが目立っていたのだろうか。フットボールチャンネル編集部が選んだ2018/19シーズンのブンデスリーガベストイレブンを発表する。

新着記事

↑top