世界最高のトップ下は誰だ! 攻撃的MF能力値ランキング11位~15位。ガラスの天才は何位?ゲームの腕前もプロ級のMFとは…(20/21シーズン版)

2021年06月21日(Mon)6時00分配信

シリーズ:20/21能力値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。


15位:ドイツの万能型技巧派MF

ユリアン・ブラント 20/21能力値
【写真:Getty Images】

MF:ユリアン・ブラント(ドルトムント / ドイツ代表)
生年月日:1996年5月2日
市場価格:2000万ユーロ(約24億円)
20/21リーグ戦成績:31試合3得点2アシスト


【今シーズンのプレミアリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

 ユリアン・ブラントはヴォルフスブルクの下部組織でプレーしていたが、2014年1月にレバークーゼンに加入。同年2月のシャルケ戦でプロデビューを果たした。その後徐々に出場機会を掴んでいったが、2014/15シーズンはリーグ戦25試合に出場するも途中出場が多く出場機会が限られていた。

 翌シーズンは後半戦から出場機会を与えられると、2016年5月にドイツA代表デビュー。徐々に頭角を現し始める。2016/17シーズンから主力として活躍すると、レバークーゼンでの活躍が認められ2019年5月にドルトムントへ移籍となった。

 ドルトムントでは移籍初年度から主力としてプレー。2019/20シーズンは公式戦42試合7得点13アシストと活躍。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ではバルセロナ、インテル、パリ・サンジェルマン(PSG)などのビッグクラブと対戦するという大きな経験をした。

 そんなブラントの特徴は185cmという体格を活かしたフィジカルの強さではなく、どちらかと言うとテクニックだ。意外にも技巧派のMFでドリブルやパスでチームに貢献する。また、ピッチを縦横無尽に駆け回り誰よりも汗をかける選手だ。その為か、ユーティリティー性もあり攻撃的ポジションはどこでもできる。課題は守備と空中戦であるだろう。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top