5シーズンぶりのプレミア制覇へ。ベンチ要因から“完璧な選手”へと登りつめた左SB:セサル・アスピリクエタ

2015年04月17日(Fri)19時33分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

5シーズンぶりのプレミア制覇へ。ベンチ要因から“完璧な選手”へと登りつめた左SB:セサル・アスピリクエタ
チェルシーの不動の左SBまで登りつめたDFセサル・アスピリクエタ【写真:Getty Images】

 プレミアリーグで首位を走るチェルシーは18日、本拠地スタンフォード・ブリッジに好調の3位マンチェスター・ユナイテッドを迎える。リーグ戦は3連勝と一見好調に見えるが、いずれも格下相手に1点差勝利と苦戦を強いられているチェルシー。

 マンチェスター・シティとのダービーマッチにも勝利し、4戦12得点のユナイテッドの攻撃力は警戒が必要だ。その役割を担うのは、スペイン代表DFセサル・アスピリクエタだろう。

 ともに4バックを形成するブラニスラフ・イバノビッチ、ジョン・テリー、ギャリ―・ケーヒルはいずれも190cm近い大男。その隣で構える178cmのアスピリクエタは、むしろ異質にも見える。だが、元ユナイテッドのギャリ―・ネビルをして「完璧な選手」とまで言わしめる彼のチェルシーでのキャリアは、ベンチからスタートしている。

 2012年にマルセイユからやってきたアスピリクエタがデビューシーズンとなったプレミアリーグで初めて先発したのは第10節のこと。今ではすっかり左SBの選手として定着したが、このシーズンはロベルト・ディ・マッテオ監督のもと出場したほぼ全ての試合で右SBとして出場している。

 それもそのはず、彼は当初右SBのレギュラーであったイバノビッチの控えとして獲得された選手だった。テリー、ケーヒル、ダビド・ルイス(現PSG)らが慢性的な負傷を抱えていたため、イバノビッチがCBに入り、アスピリクエタは右SBでプレーしていた。左SBにはアシュリー・コール(現ローマ)がいたからだ。

 翌シーズン開幕後は3人のCBがコンスタントにプレーが出来るようになったため、イバノビッチが本来の右SBに復帰すると再び彼はベンチ要因となった。しかしここで彼に転機が訪れる。キャリアのピークを過ぎていたコールのパフォーマンスに納得がいかないジョゼ・モウリーニョ監督は、アスピリクエタを左SBにコンバートしたのだ。

 すると、不慣れな左SBながらモウリーニョ監督の要求に完璧に応え、不動の左SBの座をコールから奪ってみせた。「時間があればもっと良くなっていくよ。このままシーズンを通してこのポジションでプレーできたら最高だ」と自らの居場所を見つけたことに満足感を示している。

 献身的なプレーと無尽蔵のスタミナ、そして不断の努力で“ブルーズ”のファンから絶大な信頼を得たアスピリクエタは、2013/2014シーズンにクラブの選手選抜最優秀選手賞に輝いている。ケーヒルは「彼ほど練習熱心な選手はいない」と語るなど、スター選手が揃うチェルシーの中で独特の存在感を放っている。

 そんなアスピリクエタだが、ユナイテッド戦ではかつてチェルシーで共にプレーし、スペイン代表ではチームメイトのファン・マタとマッチアップが濃厚だ。5シーズンぶりのプレミア制覇に向けて、まだまだ止まるわけにはいかない。

【了】

新着記事

↑top