「目隠ししてクロスを放った」長友と「サムライ仕様」の本田。共に敗戦も2人の日本人に伊紙は異なる評価

セリエA36節が終了。来シーズンに向けてのアピールも意味も込めて各選手とも戦わなければならない。そんななかでインテルの長友佑都はユベントス戦で途中出場、そしてミランの本田圭佑はサッスオーロ戦で先発出場。以下、両選手に対する報道ぶりをまとめた。

2015年05月19日(Tue)12時20分配信

text by 神尾光臣 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

チャンスを作れなかった長友、高評価を得られず

「目隠ししてクロスを放った」長友と「サムライ仕様」の本田。共に敗戦も2人の日本人に伊紙は異なる評価
やや低めの評価を下されたインテルの長友佑都【写真:Getty Images】

 セリエA36節が終了。来シーズンに向けてのアピールも意味も込めて各選手とも戦わなければならない。そんななかでインテルの長友佑都はユベントス戦で途中出場、そしてミランの本田圭佑はサッスオーロ戦で先発出場。以下、両選手に対する報道ぶりをまとめた。

 ユベントス戦で途中出場したインテルの長友に対し、17日地元紙は長友に対し及第点か、ややそれを下回る評価を下した。チャンスを作りきれなかったところが評価に影響したようだ。以下は各紙の評価及び評点。

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』 6
「少々のスパートに、少々のクロスと悪くはなかったが、とりわけすごく良いわけでもなかった。なぜなら彼が放つクロスは目を隠して放たれるようなものであり、そこには測量の感覚がまるで存在していないからだ」

『コリエレ・デッロ・スポルト』 5.5
「中盤5枚の左アウトサイドをやるために投入される。しかし、いくつかの攻撃参加を見せた後は止まった」

『トゥットスポルト』 5
「出場はしたが、確固たる存在感を示せたわけではなかった」

『コリエレ・デッラ・セーラ』
出場時間が少ないため評点、寸評はなし。

1 2

新着記事

↑top