【米国記者の視点】あまりに深いFIFAの闇、史上最大のスキャンダルを追う。W杯開催地変更の可能性も

5月27日、サッカーの歴史上最大ともなろうスキャンダルが発覚した。FIFAの複数幹部による汚職事件が発覚し、アメリカのFBIまでもが調査に乗り出す事態にまで及んでいる。

2015年05月28日(Thu)14時54分配信

text by ダン・オロウィッツ photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

FIFAに起きた歴史的大事件

20150528_fifa_getty
FIFAに史上最大のスキャンダルが発覚した【写真:Getty Images】

 27日の水曜日、14名のFIFA幹部およびスポーツマーケティング企業幹部によるフットボール組織が関与した収賄容疑で米国政府に起訴されるという歴史的な事件が起きた。

 欧州で起きたFIFA幹部6名の逮捕劇は、スイス警察の私服捜査官によって五つ星ホテルの『ボウ・オウ・ラック』の裏口からホテル従業員がもつベッドシーツに包まれて警察車で連行されるコスタリカサッカー連盟会長のエドゥアルド・リー氏の映像により、ソーシャルメディアで一気に広がった。

 長年の収賄が疑われてきたFIFAにとって最も大きな事件である。4期連続で生き延びてきたゼップ・ブラッター会長もこの日の騒動が起きるまでは金曜のFIFA会長選挙で5度目の選任が確実視されていた。一連の発表はフットボール界の巨大な権力に変化が訪れる兆しとなるかもしれない。

 この逮捕劇は、先日、アフリカ系アメリカ人として初めて女性司法長官に任命されたロレッタ・リンチ氏の指揮の下、FBI(米連邦捜査局)の調査に沿って実行された。FBI長官のジェームズ・コミー氏とともに司法長官は、水曜日の朝にチューリッヒでFIFAが声明を出した直後、ニューヨークで記者会見が開かれた。

 リンチ司法長官、ケリー・カリー検事、ジェームズ・コミーFBI長官、そして米国歳入庁(IRS)のリチャード・ウェーバー捜査課長が現地水曜日の朝にブルックリンで記者会見を行い、詳細な事情を説明。ウェーバー捜査課長は「これは詐欺のW杯で、今日FIFAにレッドカードを突きつける」とコメントした。

 これらのコメントは、長い年月をかけてFIFAに改革を要求してきた批評家にとって驚くものではなかった。2018年と2022年のワールドカップがロシアとカタールで開催されることは批判の的となっており、ついにはFIFA倫理委員会関調査局のトップであるマイケル・ガルシア氏が18ヶ月にわたるFIFAの内部調査を進めた。

 ガルシア氏の350ページに及ぶ調査報告書は依然として公になっていないが、FIFAが42ページにまとめたレポートでは「多くの不十分な点や事実とは異なる点が含まれている」と同氏を批判した。
(編注:ガルシア氏はその後辞任を発表)

 FIFAがまとめた概略は、その組織がロシアとカタールの招致活動で悪事を働いたことを明らかにした一方で、完全な調査報告書には逆の証拠が記されていると多くの人々は信じている。

1 2 3

新着記事

↑top