ベティス復帰を望むホアキン、ビオラ会長が売却を拒否。互いの意向は平行線に

2015年08月25日(Tue)14時24分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

ベティス復帰を望むホアキン、ビオラ会長が売却を拒否。互いの意向は平行線に
ベティスへの復帰を望むフィオレンティーナのMFホアキン・サンチェス【写真:Getty Images】

 ベティスへの復帰が噂されているフィオレンティーナのMFホアキン・サンチェスだが、“心のクラブ”への帰還は叶わないのかもしれない。24日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 34歳になるホアキンは、自身がプロデビューを飾ったベティスで現役を終えることを望んでいるが、同紙によればフィオレンティーナのアンドレア・デッラ・バッレ会長が「彼は売り出しリストには入っていない」と語り、売却を拒否しているという。

 パウロ・ソウザ監督もホアキンに信頼を寄せており、ベティス復帰を願っていることを理解しつつもクラブに留まらせる意向のようだ。

 自身のインスタグラムも「決めたよ。僕は家に帰りたいだけなんだ」と投稿し、ベティス復帰を希望していることを隠していない。

 ホアキンはベティスで162試合に出場して20得点5アシストを記録。デビュー時はセグンダ・ディヴィジョン(2部)に所属していたが、このシーズンで昇格を果たし、2005/06シーズンではチャンピオンズリーグにも出場している。

 ベティスで活躍を見せたホアキンは、その後バレンシア、マラガと渡り歩き、2013年7月にフィオレンティーナへ移籍した。

 愛するクラブへの復帰を願うホアキンと残留させたい首脳陣。両者の意見は平行線をたどっているが、果たしてホアキンは無事に“家”へ帰ることができるだろうか。

【了】

新着記事

↑top