香川、ダービーで先制弾も独紙評価分かれる。最高評価のメディアも

2015年11月09日(Mon)2時12分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

香川、先制点決めるも独紙評価分かれる。今季公式戦7得点で昨季の記録を超える
高評価を得た香川真司【写真:Getty Images】

 ドイツ・ブンデスリーガ第12節が現地時間8日に行われ、ドルトムントはシャルケに3-2で勝利し、公式戦7連勝となった。この試合で先発出場を果たし先制点を決めた日本代表MF香川真司に、ドイツメディアの評価は分かれている。

 独紙『ビルト』は、先制点を決めた香川に最高評価の「1.0」をつけた。また、右サイドで躍動しチーム2点目を決めたマティアス・ギンターにも「1.0」を与えている。得点を決め絶好調のピエール=エメリク・オーバメヤンには「2.0」の評価を与えた。(ドイツの採点は「6」が最低で11段階に分けて表され、数字が小さいほど評価が高いことを意味する)

 一方、地元紙『ルール・ナハリヒテン』は、ギンターにチーム最高の「2.0」を与え、香川にはイルカイ・ギュンドアンと並ぶ平均並みの「3.0」をつけた。独紙の間で香川の評価が分かれる形となった。

 香川にとっては今節のゴールが今季公式戦7得点目となる。昨季の通算6得点を超える活躍を見せており、ドルトムントの躍進に欠かせない選手となっている。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top