チェルシー、WBAの注目株をリストアップ。ファルカオ放出で獲得検討か?

2015年11月18日(水)18時09分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , ,

チェルシー、WBAの若手FWをリストアップ。ファルカオ放出で獲得検討か?
WBAのイングランド代表FWサイード・ベラヒノ【写真:Getty Images】

 チェルシーがウェスト・ブロムウィッチ(WBA)に所属する22歳のイングランド代表FWサイード・ベラヒノに興味を示しているようだ。17日に英紙『テレグラフ』が報じている。

 同紙によると、今季公式戦11試合に出場するも1得点しか取れていない不調のラダメル・ファルカオを冬の移籍市場で放出し、その代替としてベラヒノを獲得候補の一人としてリストアップしている。移籍金は2000万ポンド(約37億6000万円)とみられている。

 昨季はマンチェスター・ユナイテッドでプレーしたファルカオは、モナコからの期限付き移籍でチェルシーに加入している。しかし、期待外れの結果に終わっていることから冬の移籍市場で期限付き移籍の契約を打ち切り、モナコに返却するのではといわれている。

 ベラヒノは昨季公式戦45試合に出場し20得点を記録し、イングランド代表にも招集されている。今夏には、この活躍を評価したトッテナムが2度の獲得オファーを提示したが、WBAがこれを拒否。この対応に不満を持ったベラヒノは、オーナーのジェレミー・ピアース氏に向けて「これ以上プレーしたくない」と発言している。 

 しかし、クラブと若いしたベラヒノは今季の公式戦10試合で3得点を決めるなど再びその輝きを放っている。

 チェルシーはナポリのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインらにも興味を示しているが、高額な移籍金がかかるため交渉が難航しているむ。

 獲得が難しいと判断すれば、多くのビッグクラブからの関心を集める若手注目株のベラヒノにターゲットを切り替えることになるかもしれない。

【了】

新着記事

↑top