徳島、J1から降格も見せ場なくシーズン終了。堅実補強は成功も成績にはつながらず【2015年通信簿】

今シーズンのJ2も全日程が終了した。この1年を振り返り、各J2クラブはどのようなシーズンだったのだろうか。今回はJ2を14位で終えた徳島ヴォルティスを振り返る。

2015年12月26日(Sat)7時09分配信

シリーズ:2015年Jリーグ通信簿
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , ,

J1から降格も…最後まで勢いは生まれず

徳島、J1から降格も見せ場なくシーズン終了。堅実補強は成功も成績にはつながらず【2015年通信簿】
今季は飛躍したキム・ジョンミン【写真:Getty Images】

 J1から降格して迎えたシーズンということもあり、周囲の期待は高かったが、終わってみれば以前J2にいたときと同じようなシーズンになってしまった。大きく沈む時期はないものの、大型連勝で上位を脅かすということもなかった。

 プレーオフ出場を争っていたチームが全体的に失速したこともあって終盤戦まで希望は潰えなかったが、第37節で大宮を2-1と破りながら次の福岡戦で0-3の完敗を喫するなど、“ここぞ”というところで結果を出せず。結局は最後まで勢いは生まれることなく、14位でシーズンを終えることになった。

 不完全燃焼の感が強いが、キム・ジョンミンが飛躍のきっかけを掴み、大崎淳矢はプレーに貫禄が生まれ、新卒の佐々木陽次が要所で存在感を示すなどポジティブな材料もあった。彼らの今後の成長次第で、将来的に今季の評価も変わってくるはずだ。

【次ページ】診断

1 2

新着記事

↑top