自身のゴールで優勝。澤「より一層、本当に悔いはないと思えた」

2015年12月27日(Sun)21時36分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

20151227_sawa_getty
澤穂希(左)【写真:Getty Images】

 女子サッカー日本一を決める皇后杯の決勝が27日に行われ、INAC神戸レオネッサはアルビレックス新潟レディースと対戦し澤穂希の決勝点で優勝を勝ち獲った。

 現役最後の大会の決勝で、自らのゴールでチームを頂点に導いた澤。「前日にも今日の試合で得点を貪欲に取りに行きたいと言っていた」と振り返ったように、得点を奪うことを強く意識してピッチに立っていた。

 自身のゴールでチームを優勝させる。口ではいくら言えても、それを実行するのは簡単なことではない。それでも澤はやってのけた。20年以上のキャリアには苦しいことも嬉しいこともあった。だが、どんな時でもサッカーへの想いは変わらなかった。

「純粋にサッカーが大好きで上手くなりたい、上を目指したい、世界一を獲りたいという気持ちでここまできた」

 最高の形で現役生活に幕を下ろした。全てを出し切ったという充実感があるのだろう。「より一層、本当に悔いはないと思えた」と話す澤の笑顔は喜びに満ちていた。

【了】

新着記事

↑top