湘南、永木、秋元、遠藤の大黒柱3人が移籍。鍵を握る選手の奮起と指揮官の手腕【2016補強診断】

2016年02月12日(Fri)15時13分配信

text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

補強面と総合力それぞれの診断結果

湘南予想フォーメーション2016
湘南ベルマーレ 2016シーズン予想フォーメーション

補強診断 C
退団組の穴を迅速に埋める

 GKは松本山雅FCから村山智彦を、CBに浦和レッズから岡本拓也、そしてボランチにはヴァンフォーレ甲府から下田北斗をそれぞれ補強。移籍していった主力の穴埋めが期待される。いずれも核となるポジションのため、新加入の3人は早くチームにフィットしなければならない。

 高卒新人は1名で、東京ヴェルディユースから青森山田に移り高校選手権でも活躍した神谷優太が入団した。

総合力診断 D
曹監督の残留でチームの哲学は揺るがず

 やはり主力3人が抜けたダメージは大きい。ピッチ内のパフォーマンスだけでなく、チームの精神的支柱でもあった彼らの代わりが簡単に見つかるはずもない。

 それでも、培ってきたスタイルは成熟してきており、苦しい時に立ち戻る場所があるのは大きい。退任の可能性もあった曹監督が残留したこともプラス材料だ。指揮官の指導力、選手たちの実行力が表現されれば、今季もJ1で堂々たる戦いを見せることも可能だろう。

【了】

1 2 3 4

新着記事

↑top