「選手じゃなかったら殺人を犯してた」。インテルの元ブラジル代表MFが壮絶な人生を告白

2016年04月26日(Tue)12時23分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

メロ
インテルの元ブラジル代表MFフェリペ・メロ【写真:Getty Images】

 インテルの元ブラジル代表MFフェリペ・メロは、サッカーが貧困と暴力から自身を救ってくれたとイタリアメディア『スカイ・スポーツ』でのインタビューで告白した。

 ブラジルの貧困地区ファヴェラ出身のF・メロはフラメンゴでプロキャリアをスタート。スペインを経てイタリアではフィオレンティーナ、ユベントスでプレーし今季トルコのガラタサライからインテルへ移籍してきた。

 そんな順風満帆に見えるF・メロの選手キャリアだが、それに至るまでには想像を絶する道のりがあったようだ。

「もしサッカー選手になっていなかったら殺人を犯していただろう。(生まれ育ったファヴェラでは)ドラッグと武器がすぐそこにあった。サッカーの練習に行って、帰ってきたら友人のひとりが亡くなっていたこともあったよ。サッカーに“イエス”と言うか、そうじゃなければずっとあそこ(ファヴェラ)にいただろうね」

 さらにF・メロは「グレミオでプレーしていた時はもらった給与を全て使い切っていた」とすさんだ生活を送っていたことを明かし、妻と知り合ったことで変われたとも語っている。

 貧困からブラジル代表にまで上り詰めたF・メロ。サッカーに救われたことは間違い無いだろう。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top