185位のインドネシア代表もモウリーニョ招聘を画策!? 強力な“コネ”を活用か

2016年05月10日(Tue)19時02分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

モウリーニョ
ジョゼ・モウリーニョ氏【写真:Getty Images】

 インドネシア代表が、ジョゼ・モウリーニョ氏を代表監督として招聘する計画があるようだ。インドネシア青年スポーツ大臣のイマーム・ナフラウィ氏が大手放送局『beIN SPORTS』のインタビューで語った。

 FIFAランキング185位のインドネシア代表は、政府が国内リーグに介入しているとしてFIFAから2018年ロシアW杯および2019年UAEアジアカップから除外されている。

 同国のオリンピック委員会のチェアマンは、インテルの会長でもあるインドネシア人実業家のエリック・トヒル氏が務めている。

 モウリーニョ氏はトヒル氏のもとインテルで指揮を執っていたこともあり、その“コネ”を活用しようというのだ。

「この計画は、ジョコ・ウィドド大統領と、トヒル会長と議論を続けてきた。簡単ではないかもしれない。我々の代表チームの監督は、外国人であるべきだ。トヒル会長に尋ねたら、モウリーニョの給与は年俸2500億ルピア(約20億円)だと言われた。トヒル会長は、もしモウリーニョがダメなら代わりはフース・ヒディンクだと言っていた」

 先日、シリア代表がモウリーニョに対して正式オファーを提示する意思があるという旨の公式文書をSNSで公開していたことで話題となっていた。

 マンチェスター・ユナイテッドの監督就任が目前とされているモウリーニョ氏だが、引く手は数多のようだ。

【了】

新着記事

↑top