スペイン代表ペドロ、自身の発言の波紋に火消し「監督批判じゃない」

2016年06月21日(Tue)7時32分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

ペドロ・ロドリゲス
スペイン代表のペドロ・ロドリゲス【写真:Getty Images】

 出場機会に恵まれない現状に不満をもらしたことが波紋を呼んだ、スペイン代表のFWペドロ・ロドリゲスは、自らの発言に対してチーム批判でないことを強調している。20日、スペイン紙『アス』が報じている。

 先日の会見で、自身の出場機会が少ないことに不満を漏らしたペドロ。多くのメディアが監督、チーム批判と受け止め波紋を呼んだ。ビセンテ・デル・ボスケ監督は会見を開き、ペドロの発言に理解を示しつつ、チームの結束に揺らぎがないことを強調した。

 これを受け、ペドロ自身も「監督と話し合った。あの発言は監督批判ではない」と再度口を開き、「代表チームにいることに感謝をしている。彼抜きではW杯もEUROも獲得できなかった。もし自分の発言に不快な思いをしている人がいるなら謝罪したい」とコメントしている。

 また、チームメイトとも会話をしたようで「率直に自分の置かれている状況を話した。誰しもこういう経験をしているから、みんな理解してくれた」と述べ、「それでももし、必要ならキャプテンや中心選手たちとも再度話し合う」とチーム内ではこのテーマが解決していることを述べている。

 「これからもチャンスを探り続ける」と述べたペドロ。好調スペイン代表に思わず訪れたアクシデントだったが、チーム内のコミュニケーションも円滑なようで、大事に至らずに済みそうだ。

【了】

新着記事

↑top