「バロテッリは世界最高のストライカー」…“失意の悪童”をピルロが擁護

2016年07月19日(Tue)18時42分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

バロテッリ ピルロ
マリオ・バロテッリ(左)とアンドレア・ピルロ(右)【写真:Getty Images】

 ここ数年は失望のシーズンを送っている元イタリア代表のマリオ・バロテッリだが、アンドレア・ピルロはいまだに世界最高の選手のひとりであると考えているようだ。英紙『デイリー・ミラー』などが伝えている。

 昨季はリバプールからミランへと期限付き移籍していたバロテッリだが、ミランではインパクトを残すことができずにリバプールへ復帰。しかし、リバプールのユルゲン・クロップ監督も戦力外にしていることから、バロテッリの去就が注目されていた。

 しかし、イタリア代表で共にプレーしたピルロはバロテッリの才能に疑いの余地はないと強調している。

「代表のトレーニングで彼と一緒だった時、彼は大きな笑顔を浮かべていて、僕も思わず笑ってしまったよ。マリオはメディアにとって都合の良いキャラクターになるべきではない。我々は彼が特別な選手であることを忘れてはならないんだ」

 現在はアメリカMLSのニューヨーク・シティに所属するピルロはこれまでミランやユベントス、イタリア代表などで多くのストライカーのゴールを演出してきた。ピルロは、バロテッリはいまだに世界最高のストライカーだと語り、擁護している。

「僕は何人ものベストなストライカーとプレーしてきた。だからマリオは世界でベストのストライカーの一人であると言うことができる。彼は多くのビッグクラブでプレーしてきた。まだ25歳であることは簡単に忘れられてしまう」

 バロテッリには中国移籍の噂も流れたが、「マリオと中国に関する記事を読んだ。彼らのリーグには大きなリスペクトを持っているけど、彼はまだそこに行くべきじゃない」と、ヨーロッパでプレーすべきだとアドバイスを送った。

 これまで所属したクラブで度々トラブルを起こしてきた“失意の悪童”には、セリエA昇格を果たしたクロトーネが興味を示している。

【了】

Recommended by

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top