ストーク指揮官、握手忘れた敵将に不満。ワトフォード監督は「審判に怒っていて…」

2016年11月28日(Mon)19時22分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

マーク・ヒューズ
マーク・ヒューズ監督【写真:Getty Images】

 現地時間27日に行われたプレミアリーグ第13節でストーク・シティはワトフォードに1-0で勝利を収めた。ストークのマーク・ヒューズ監督は、英メディア『スカイ・スポーツ』で試合後のトラブルを振り返っている。

 アウェイのストークが勝利を収めたあと、ワトフォードのワルテル・マッツァーリ監督は足早にロッカールームへ引き上げた。試合後の握手を交わそうとしていたヒューズ監督は、その態度に怒りのリアクションをしている。

 同指揮官は、「彼はしばらくの間、何をすべきなのかを忘れたのだと思う。勝っても負けても引き分けても、いつだって手を差し出さなければいけない」と不快感をあらわにした。それでも、「彼はやってきて謝罪した」ことも明かしている。

 一方、ワトフォードを率いるイタリア人監督は、「アディショナルタイムのことで審判にとても怒っていた。それでロッカールームへ行き、私はマークと握手をした。そのときは忘れてしまっていたんだ」と説明した。

【了】

新着記事

↑top