ワトフォード

20190927_coach_getty

え? もう? 新シーズン早々に解任された主要監督5人。昨季タイトル獲得、国内2冠をもたらした人物さえも…【編集部フォーカス】

欧州各国リーグの2019/20シーズンが幕を開け、およそ1ヶ月が経過する。まだまだ先は長いが、開幕からスタートに成功したクラブ、失敗したクラブが徐々に浮き彫りとなってきている。そんな中、すでに監督交代に踏み切ったクラブも現れ始めてきた。今回フットボールチャンネル編集部では、新シーズンが始まったばかりにもかかわらず、早々に解任されてしまった指揮官を欧州の主要クラブから5人紹介する。

ロマン・アブラモヴィッチ

チェルシーは愚策すぎる監督人事を反省せよ。早期解任に抱く疑問、真のビッグクラブになるためには?【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】

ワトフォードは7日、昨年の1月より指揮を執っていたハビ・グラシア監督の解任を発表した。開幕からの成績は1分3敗。このタイミングでの解任は果たして適切だったのだろうか。監督人事と言えばチェルシーも派手なものだが、真のビッグクラブになるためには辛抱強さも必要である。(文:粕谷秀樹)

0829sancho

ジェイドン・サンチョ、そのプレースタイルと能力値、ポジションは?19歳の次世代ウインガーがアシストを量産する理由【注目選手分析(13)】

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを始め、世界各国には際立った存在感を放つ名手が数多く存在している。そんなワールドクラスのプレイヤーは、一体どのようなスキルを持ち、どのような特徴を発揮しているのか。そのプレースタイルを解説する。第13回はイングランド代表FWのジェイドン・サンチョ。(文:編集部)

新着記事

↑top