ブックメーカーはやはりレアルの圧倒的優位予想。鹿島勝利は20倍前後の”大穴”

2016年12月17日(Sat)7時41分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

植田直通、クリスティアーノ・ロナウド
鹿島アントラーズとレアル・マドリーが決勝で激突【写真:Getty Images】

 18日に行われるクラブ・ワールドカップ決勝の鹿島アントラーズ対レアル・マドリー戦に向けて、大手ブックメーカーはやはり軒並みマドリーの圧倒的優位を予想している。

 開催国代表としてクラブW杯に出場した2016年J1王者の鹿島は、オセアニア王者とアフリカ王者を次々と撃破。不利が予想された南米王者アトレティコ・ナシオナルとの準決勝にも見事に3-0の勝利を収め、アジアのチームとして史上初となるクラブW杯決勝進出を果たした。

 決勝で激突する相手は、サッカー界の名門中の名門であるレアル・マドリー。日本での開催であることや、鹿島の方が準決勝からの間隔が1日長いことなどを差し引いても、両者の間には大きな力の差があるというのがやはり支配的な見方のようだ。

 16日時点で、「ウィルアム・ヒル」「bwin」「bet365」など大手ブックメーカーは、90分間でのマドリーの勝利に1.10倍から1.14倍程度の倍率をつけている。マドリーの勝利に賭けて的中したとしても、賭け金の1割程度の利益しか得られないというオッズだ。

「引き分け(延長戦突入)」のオッズは7倍から8倍程度。さらに鹿島が90分間で勝利を収めることに賭けた場合の倍率は、賭け金の20倍前後の払い戻しが得られる“大穴“となっている。

 決勝進出でもすでに歴史的な快挙を成し遂げた鹿島だが、もしマドリーを破ってのクラブ世界一となればその比ではない。18日の試合で世界を驚かせることができるだろうか。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top