クリスティアン・プリシッチ
ボルシア・ドルトムントのクリスティアン・プリシッチ【写真:Getty Images】

 欧州サッカー連盟(UEFA)は今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージにおける“新発見“ベストイレブンを選定し、24日に公式サイトで発表を行った。

 今季CLのここまでの戦いで特に活躍を見せたと評価される選手のうち、今シーズン以前には比較的知られていなかった選手たちや、新たに頭角を現した若手選手らが選ばれている。

 GKは今季加入したパリ・サンジェルマンで新守護神となった23歳のアルフォンス・アレオラ。DFにはバルセロナからセルジ・ロベルトとサミュエル・ウンティティの2人、そしてマンチェスター・ユナイテッド移籍が盛んに噂されるベンフィカのビクトル・リンデロフが選ばれている。

 中盤にはバイエルン・ミュンヘンから、今大会3得点のヨシュア・キミッヒと、EURO2016でも活躍したレナト・サンチェスの2人を選出。ボルシア・ドルトムントのラファエウ・ゲレイロ、モナコのトマ・ルマールも名を連ねた。

 FWはドルトムントから2人。18歳にして活躍を見せるアメリカ代表のクリスティアン・プリシッチと、19歳のフランス代表ウスマン・デンベレが選ばれている。ポルトのポルトガル代表FWアンドレ・シルバも今大会4得点の活躍が評価された。

 指揮官として選ばれたのはレアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督。トップチームでの監督初経験となった昨シーズンにCL制覇を成し遂げたジダン監督は、今季の大会でもここまで無敗を守りグループステージを突破している。

【了】

新着記事

↑top