ジョー・ハート
ジョー・ハート【写真:Getty Images】

 マンチェスター・シティからトリノにレンタル移籍中のGKジョー・ハートに対し、チェルシーとリバプールが関心を示しているようだ。英紙『デイリー・ミラー』が伝えた。

 今シーズンからシティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、イングランド代表のハートを必要とせず、イタリアにレンタルした。トリノでコンスタントにプレーする同選手は、来シーズン以降の去就が不透明である。

 そこで、プレミアリーグの強豪2チームが興味を示しているという。

 チェルシーにはティボ-・クルトワという絶対的な守護神がいるものの、スペインメディアは先日、レアル・マドリーが獲得に動くと伝えた。

 リバプールは、現在GK問題に直面している。今年夏に獲得したロリス・カリウスがミスを続けたため、最近は控えだったシモン・ミニョレがゴールマウスを守っている。

 チェルシーとリバプールは、それぞれの問題を解決するための選択肢としてハートに注目しているようだ。

 ハートの去就は、イングランド代表としても注目が集まる。次の夏にどこへ行くことになるのだろうか。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top