柴崎が堪能した故郷の味。テネリフェ島の日本料理店で見せたピッチ外の素顔【現地取材】

スペイン2部テネリフェへ移籍した柴崎岳はどんな生活をしているのだろうか。慣れない環境への順応に苦しんでいると伝えられているが、実際はどんな状況なのか。テネリフェ島で柴崎が利用した日本料理店の情報を手に入れ、ピッチ外での素顔を知るため突撃取材を敢行した。(取材・文:舩木渉【テネリフェ】)

2017年03月06日(Mon)17時55分配信

text by 舩木渉 photo Wataru Funaki
Tags: , , ,

柴崎が訪れたテネリフェ島の日本料理店へ

柴崎岳
テネリフェへ移籍した柴崎岳がピッチ外で見せる素顔とは【写真:舩木渉】

「ガクはもう2回…いや、3回来たかな」

 そう話すのはテネリフェ島最大の都市サンタ・クルスの中心部にほど近い、飲食店が立ち並ぶエリアにある日本食レストランのオーナーである。

 こちらに対し「ロロ」と名乗った中年のスペイン人が、テネリフェ島内に数少ない本格的な日本食を味わえるレストランを切り盛りしている。

「ガクは昨日も来たよ。えーっと、食べたのはたしか…」

 高級感漂う店構えで、価格帯も庶民的なバルなどに比べてかなり高い。テネリフェ島在住の日本人はほとんどいないため、当然地元のスペイン人の利用がメインだ。この日もジャケットやシャツをまとっておしゃれをした家族連れやカップルで賑わっていた。

「(柴崎が)食べたのはたしか…『みそ汁』『焼いた天然スズキのキノコ添え』『寿司盛り合わせ』…それと『地鶏の焼き鳥』だったね」

 ロロさんは落ち着いた口調で柴崎がオーダーしたメニューを教えてくれた。この場面で「昨日」と言われているのは2月23日のこと。つまり柴崎が所属するCDテネリフェの施設で練習を再開した日だった。

 そこで筆者は記念すべき日に柴崎が摂った食事を体験すべく、上記4品のうち『みそ汁』『焼いた天然スズキのキノコ添え』『地鶏の焼き鳥』の3品とドリンクを注文した。これだけでおよそ40ユーロ(約4800円)。期待は高まるばかりである。

 まず全ての料理が出てくる前に、ドリンクがワイングラスに注がれた。ただの水が味わい深いものに見えてくる。そしてしばらくすると、お通しとしてお吸い物が運ばれてきた。つみれは食べた瞬間に溶け出すほど柔らかく、つゆを飲むと柚子の香りが口の中いっぱいに広がる。

1 2 3

新着記事

FChan TV

↑top