爆発被害で手術を受けたドルトDFが無事を報告「メッセージありがとう!」

2017年04月13日(Thu)0時04分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

マルク・バルトラ
マルク・バルトラ【写真:Getty Images】

 ボルシア・ドルトムントのスペイン人DFマルク・バルトラが、自身のSNSで無事を報告し、周囲のサポートに感謝した。

 バルトラは現地時間11日に右手首を骨折した。ドルトムントはチャンピオンズリーグのモナコ戦を戦うためチームバスで移動していたところ、付近で爆発があり、バルトラは割れた窓ガラスで負傷している。

 爆発事故でケガをしたバルトラには、世界中から支援のメッセージが届いた。同選手は12日、インスタグラムに写真を掲載。手術をした右腕には包帯が巻かれ、左手首にも処置のあとがあるものの、本人は笑顔で左手の親指を立てている。

 そして「僕はこの通り良くなっているよ。みんな、メッセージありがとう!」と記した。

 ドルトムントは12日、前日に開催予定だったモナコ戦を行う。

【了】

新着記事

↑top