ジーコ、岡田武史に手倉森誠…“予想合戦”始まったタイ代表の次期監督候補、親日国ならではの面々に

タイ代表のキャティサック・セーナームアン監督は、3月28日に行われたW杯アジア最終予選の日本戦に敗れたことで辞任を表明。これによりタイの各メディアでは後任監督の“予想合戦”が始まっているが、その中には岡田武史や手倉森誠、ジーコら日本人に馴染みのある名前も伝えられているようだ。(文:宇佐美淳【ホーチミン】)

2017年04月15日(Sat)10時00分配信

text by 宇佐美淳 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

タイ代表、日本に敗れて監督が辞任。紙面には前レスター監督ラニエリの名前も

ラニエリ
タイ代表の次期監督候補に名前が挙げられた前レスター監督のクラウディオ・ラニエリ【写真:Getty Images】

 タイ代表は3月末に埼玉スタジアムで行われたW杯アジア最終予選で日本代表に0-4で敗れて予選敗退が確定した。

 帰国後、“ジーコ”の愛称で親しまれるキャティサック・セーナームアン監督が自身のインスタグラムで辞任を表明。タイサッカー協会(FAT)は現在、後任監督の人選を進めており、国民は新監督発表の日を今か今かと待ちわびている。

 キャティサック監督辞任の報道が流れた直後から、各メディアでは次期監督の予想合戦がスタート。既にFATには次期監督候補として20人を超えるプロファイルが集まっているというが、今回はその中から一部を紹介しようと思う。

 最初に名前が挙がったのは、前レスター監督のクラウディオ・ラニエリ。レスターは、タイ最大の免税店キングパワーグループ会長であるヴィチャイ・スリヴァッダナプラバ氏がオーナーを務めているため、タイサッカー界には、ラニエリ氏とのコネクションがあるとみられる。

 この他の大物指導者としては、元アルゼンチン代表監督のアレハンドロ・サベージャ、元オランダ代表監督のフース・ヒディンク、元イングランド代表監督のスヴェン・ゴラン・エリクソン、元スペイン代表監督のハビエル・クレメンテなどの名前が連日紙面をにぎわせている。

1 2

新着記事

FChan TV

↑top