それでもテリーが愛された理由。非道と言われようとも…チェルシーファンが注ぐ盲目の愛

2017年04月21日(Fri)10時00分配信

text by 山中忍 photo Getty Images
Tags: , , , ,

「夢」はチェルシー指揮官。“テリー監督”誕生なら完全支援は固い

ジョン・テリー
スタンフォード・ブリッジに掲げられた『キャプテン、リーダー、レジェンド』の横断幕【写真:Getty Images】

 そのテリーも、3度目の1年契約が切れる36歳での今季末に青いユニフォームを脱ぐ。といっても、「まだやれると思っている」という退団声明文のくだりといい、シーズン終了前の発表といい、スパイクまで脱いでしまうわけではなさそうだ。

 最後の現役続行先としては、中位以下のプレミア勢、英語圏のアメリカMLS勢、最後の荒稼ぎが可能な中東や中国のクラブ、本人が言語を学んでいたポルトガル勢などが噂されている。

 但し、チェルシー現役後にテリーが最終的に目指すものは、以前から「チェルシー指揮官」。『BBCラジオ5』に電話出演した際には、一足先に現役を退いた“盟友”フランク・ランパードとの共同体制を「夢」だと語ってもいる。

 残酷な監督解任劇の数々を目撃してきたファンにとっては、実現して欲しくもあり、して欲しくもない夢。もちろん、いざテリー監督が誕生すれば「ミスター・チェルシー」への完全支援は固い。

 その頃には、年始に工事許可が下りたスタンフォード・ブリッジも6万人規模のホームへと新築されていることだろう。そのスタンドには新たな横断幕があるのではないか? 『JT MANAGER, LEADER, LEGEND』とある横断幕が。

(取材・文:山中忍【ロンドン】)

【了】

1 2 3 4

新着記事

↑top