それでもテリーが愛された理由。非道と言われようとも…チェルシーファンが注ぐ盲目の愛

チェルシーのジョン・テリーは、今季限りでクラブを退団するとを発表した。過去に問題発言や不倫騒動などで世間を騒がせたこともあるテリーは、一般レベルでは人間性を疑われても仕方がないかもしれない。だが、それでもチェルシーファンは、クラブの黄金期を築き上げた偉大なる主将を愛し続けているのだ。(取材・文:山中忍【ロンドン】)

2017年04月21日(Fri)10時00分配信

text by 山中忍 photo Getty Images
Tags: , , , ,

チェルシーが主将テリーの退団を発表。過去には問題発言もあったが…

ジョン・テリー
今季限りでのチェルシー退団が発表されたジョン・テリー【写真:Getty Images】

 2005年CL準々決勝のバイエルン戦第1レグ、スタンフォード・ブリッジのピッチに入場する両軍のうちチェルシーの主将だけがエスコートキッズを連れていた。両軍採用を前提とするUEFA規定上は、あってはならないシーン。ジョン・テリーは、バイエルン側がキッズを連れて来なかったことに落胆する自軍側キッズを思いやり、敢えて規定に背いて少年の手を引いたのだった。

 テリーとは、“チェルシー・ファミリー”のためであれば、その仲間が小学生でも力を尽くそうとする男。ファンが慕わないはずがない。4月17日に発表された今季限りでの退団は、ついに訪れてしまった哀しい別れの時だ。

 ことイングランドのサッカー界は、クラブへの党派心ありきの世界。愛は盲目とも言うべき世界だ。テリーを見る外部の目線はファンも承知している。

 911テロ直後のアメリカ人旅行客に対する無礼行為事件、かつてチームメイトだったウェイン・ブリッジの元ガールフレンドとの不倫騒動、アントン・ファーディナンド(当時QPR)に対する人種差別発言問題など、一般レベルでは「背徳」「不貞」「非道」といった言葉で彼の人間性を疑われても仕方がない。それでもファンにとっては、有名な横断幕で謳われる『キャプテン、リーダー、レジェンド』に他ならない。

1 2 3 4

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top