【倉敷&玉乃の眼】アトレティコ、未来につながる1年。苦難を乗り越えたシメオネの魔力【16/17シーズン総括】

2017年07月16日(Sun)10時56分配信

シリーズ:16/17欧州主要クラブシーズン査定
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

新スタは「できるできる詐欺」!? 新シーズンのシメオネに求められるもの

アトレティコ
アトレティコ・マドリーの2016/17シーズン基本フォーメーション

ーー絶対的エースとして期待されたグリーズマンのパフォーマンスはいかがでしたか? 移籍が噂されながら先日契約延長と残留が発表されました。

玉乃 スペシャルでしたね。でも、歴代の選手たちと比べるとまだまだだと思います。ジエゴ・コスタのほうがよかったという人は少なからずいると思うので、もう一回頑張らないとって感じですね。

倉敷 彼は先日謝罪していましたけれども、かなりの確率で残らないと言っていた人間が果たしてサポーターに愛されるのかというのは、なかなか難しいところです。特にアトレティコのサポーターはその辺厳しいですからね。「残ってくれて嬉しいけど、とりあえずお前を今褒めるわけにはいかない」というのがアトレティの本音だと思います。グリーズマンは本当に頑張らなければいけませんよ。

ーー新戦力としてグリーズマンの相方を務めたケビン・ガメイロはいかがでしょうか。途中で負傷離脱があったとはいえ、適応が難しいスタイルの中で二桁得点を達成しました。

玉乃 最後まで完全なるレギュラー定着には至らなかったと思うので、成功とはいえないシーズンになってしまったのかなと。(セルヒオ・)アグエロから始まり、(ディエゴ・)フォルランがいて、ファルカオがいて、ジエゴ・コスタがいて…そしてガメイロがインパクトを残せたかというと、少し物足りなさはあります。比較対象がすごすぎるのでかわいそうな面もありますけどね。

倉敷 ガメイロに関しては、フランス代表が得をしたのかなという気はします。クラブでグリーズマンとガメイロのコンビというオプションが勝手にできたのはありがたかったんじゃないかな。アトレティコにとってどうだったのか…というと僕も玉乃さんの意見に同感です。

ーー新シーズンは本拠地がビセンテ・カルデロンから新スタジアムへ移ります。補強禁止処分もあって厳しい戦いが予想されますが、今季はどんな1年になるでしょうか。

倉敷 新しいスタジアム、まだできてないでしょ。9月に間に合うのかな。

玉乃 できるできる詐欺ですもんね、あのスタジアム。もう何年押してますかね。

倉敷 元々は2020年のオリンピック招致に向けて計画されたスタジアムであり、実はもうひとつ前のオリンピック招致を目指していた時にも開催の候補地になっていた。だからリオデジャネイロオリンピックの前にできていなければいけないスタジアムがまだ完成していない。さすがですよね。

玉乃 そして、みんなオリンピックに全く興味がないという(笑)

倉敷 玉乃さんは選手をやっていたからわかると思いますけど、同じことをずっとやっていると飽きるんですよね。「この監督から学ぶものはない」と思った瞬間から言うことを聞かなくなる。選手は寿命が短いから、楽しいことをしたいし、新しいことをどんどん覚えたいんです。そういう意味ではシメオネも工夫して、選手たちに新しいものを示さなければいけないというのは常にあると思いますよ。

(解説:倉敷保雄、玉乃淳/構成:フットボールチャンネル編集部)

【了】

1 2 3 4 5

新着記事

↑top