強いぞマンU! 2戦8得点でみなぎる自信…圧倒的パワーとスピードで今季の優勝有力候補に

マンチェスター・ユナイテッドが絶好調だ。プレミアリーグ開幕から2試合連続で4-0の快勝を収め、新戦力も存分に力を発揮している。中でもルカク、ポグバ、マティッチらに象徴される圧倒的なフィジカル能力はチームの武器となった。このままいけば今季の優勝有力候補であることに疑いはない。ではなぜ、昨季6位だった名門は復活を遂げられたのだろうか。(取材・文:山中忍【ロンドン】)

2017年08月21日(Mon)13時16分配信

text by 山中忍 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

「ノリノリ」のマンUが身につけた「威圧感」

ポグバ
マンチェスター・ユナイテッドが開幕から絶好調。ポール・ポグバも昨季とは見違えるようなプレーを披露している【写真:Getty Images】

 今季開幕から間もないイングランドでは、マンチェスター・ユナイテッドの強さが話題。計8得点無失点での2連勝スタートを受け、メディアでは「威圧感」や「風格」といった言葉が用いられている。

 国内各紙の報道によれば、この風潮はクラブの地元にはとどまらない。国民の間には、全国区の人気を誇る伝統の強豪に「らしく」あってもらいたいとの願望もあるのだろう。

 ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョは、「騒ぎなさんな」とでも言いたげに「昨季も開幕2連勝だった」と反応している。実は新FWの好スタートも同様。今季のロメル・ルカクと同じく、昨季のズラタン・イブラヒモビッチも開幕2試合で3得点だった。筆者も、昨年の今頃は「早くもモウリーニョのユナイテッドらしい」と思っていた口だが、指揮官も言及していたように昨季プレミアでは「6位に終わった」。

 ただし、そう言いながらも、今季は開幕前から「ノリノリだ!」と報道陣の前でおどける余裕さえあった監督の表情には自信がありあり。となれば、懲りずに「すでに昨季とは違う」と思わされてしまう。

 最大の理由は、やはり自信。昨季はモウリーニョに勝るとも劣らぬ自信家のイブラヒモビッチが、唯一にして最大の自信の源に感じられた。それが、今季はチーム全体から自信がみなぎる。

 指揮官にすれば弱点が補われた事実が大きいのだろう。故障者続出にも泣いたCBでは、昨季開幕戦でマン・オブ・ザ・マッチ級のインパクトを見せたエリック・バイリーが、前半戦途中での怪我をとうに過去のものとしている。若く頑強なビクトル・リンデロフという駒も加えられた。

1 2 3

新着記事

↑top