明暗分けた1敗。苛酷を極める欧州予選、格下相手も容易にあらず。イタリアはW杯かけPOへ

続々とロシアW杯出場国が決定してきているが、どの大陸も予選の戦いは厳しいものとなっている。強豪国がひしめく欧州でもスペインと同組になったイタリアがプレーオフ行きを強いられることとなった。この2国の運命を分けたのが9月の直接対決。イタリアはこの一戦の完敗がその後の試合でも尾を引く結果になってしまった。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

2017年10月12日(Thu)10時45分配信

text by 神尾光臣 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

スペインと同組でプレーオフは想定内の成績だったが…

W杯出場をかけプレーオフに臨むことになったイタリア代表
W杯出場をかけプレーオフに臨むことになったイタリア代表【写真:Getty Images】

 9日、ロシアW杯欧州予選G組の最終戦で、同組2位のイタリアは3位のアルバニアに1-0で勝利した。

 すでに6日のマケドニア戦のドロー(1-1)並びにスペインがアルバニアを下したために2位は確定、また各グループ2位以下のチームとの勝ち点の比較でも全体の8番目以内に入ることが確定したため、プレーオフ進出も決定した。

 さらにアルバニアに勝利したことで、FIFAランキングでもプレーオフ進出組の中では上位をキープし、組み合わせ抽選ではシードに入ることが確実となった。

 スペインと同組で、2位フィニッシュ並びにプレーオフ進出は想定内の成績と言える。しかしながら、イタリアのメディアとファンは現在のアッズーリに対して厳しい目を向けている。

 とりわけ批判の対象となったのは、凡庸はパフォーマンスだ。トリノで行われたマケドニア戦では試合後にブーイング、そしてアルバニア戦後にガゼッタ・デッロ・スポルトは電子版で「プレーオフ進出や抽選でのシード入りは何の安心にもならない。進出してくる相手はイタリアを楽にはしないだろうし、この試合だってネガティブすぎた試合がアントニオ・カンドレーバの決勝ゴールで誤魔化されたにすぎない」と厳しく批判していた。

 確かに、この2戦の内容は酷かった。マケドニア戦では、守備を固めてカウンターを狙う相手の組織を崩せず、しかも終盤にはカウンターから失点を許し逃げ切りに失敗している。その病理はアルバニア戦でも引きずり、相手ゴールを割るまでに73分を要した。いや正確には、そこまでミスパスが続きチャンスはろくに作れていなかった。

 今回の2戦では、中盤を仕切るマルコ・ヴェッラッティにダニエレ・デ・ロッシ、さらにCFの一角として定着したアンドレア・ベロッティが故障で招集から外れていた。主軸の欠場を考えれば仕方のないこととも言えるが、格下相手にこの低調ぶりは言い訳にならない。

 何より、ジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督自身がおかんむりだ。

「相手に与えたチャンスの90%は我われのくだらないミスからだ。目標は達成したとはいえ、こんなイタリアはワールドカップにふさわしくない」

 厳しいコメントを地元メディアに残していた。

1 2 3

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top