神尾光臣

1973年9月28日、福岡県生まれ。東京外国語大学外国語イタリア語学科卒。97年の留学中にイタリアサッカーの熱狂に巻き込まれ、2003年から本格的に取材活動を開始する。イタリア南部での活動を経て、2011年からミラノ近郊に拠点を移動。北はトリエステから南はシチリア島、時にはヨーロッパ他国にも飛び回り、プロビンチャで養った視点でビッグクラブの現実や欧州サッカーの潮流までも観察する。『Footballista』『エル・ゴラッソ』『スポーツナビ』『週刊サッカーダイジェスト』等に執筆・寄稿。たまに地元TVやラジオ相手にしゃべったりもするが、軽くネタキャラに扱われているのは内緒。

ヴィンチェンツォ・モンテッラ

ミラン、ナポリに完敗。点差以上に見えた圧倒的な質の差

現地時間21日にミランはナポリと対戦し、1-2で敗れた。チャンピオンズリーグ出場を目指すミランにとっては痛い敗戦となったが、個々の力量などナポリはミランより上の順位にいることを見せる内容であった。ミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は「チームを強豪に育てていくには時間が掛かる」と冷静に分析したが、果たしてどのように成熟を見せるのだろうか。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

本田

本田、新戦力到来ならますます出場困難に…ミラン指揮官は「補強不要」強調もデウロフェウ獲得は内定か

セリエA第21節でミランはナポリと対戦する。現在5位のミランと3位ナポリとの勝ち点差は4。ヨーロッパコンペティション出場に向けた重要な直接対決となる。センターライン2選手を欠くミランはどのようにナポリに対抗するのだろうか。そしてスソのバックアッパーとして期待される本田圭佑であるが、ジェラール・デウロフェウの獲得が濃厚となりますます厳しい状況に置かれることになりそうだ。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

バッカ

ミラン、今季最悪の出来も…“余白”利用し5分間で同点。悔しさのあまり敵将も激怒

ミランは現地時間16日、セリエA第20節でトリノとアウェイで対戦した。前半で2得点を奪われてしまったミランは今季最悪の試合のひとつとなったが、後半の5分間で同点に追いつき2-2の引き分けで試合を終えた。敵将シニシャ・ミハイロビッチ監督は悔しさのあまりに激怒する一方、ミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は冷静だった。(取材・文:神尾光臣【トリノ】)

ミラン トリノ

ミラン、“難敵”と4日間で2度目の対戦へ。手の内を知り尽くす両指揮官、ウイングは主力2人が先発か

ミランは現地時間16日、セリエ第20節でトリノとアウェイで対戦する。両チームは12日にもコッパ・イタリア5回戦で対戦しており、その際はミランが2-1の逆転勝利を収めている。4日間で2度目の対戦となるが、両指揮官とも互いの手の内を知り尽くしている。ミランは難敵相手に連勝となるだろうか。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

長友

インテル、中国資本で爆買いも…混乱の末にデ・ブールは解任。「正常化請負人」のもと再建へ【欧州主要クラブ中間査定】

2016/17シーズンの欧州サッカーも前半戦を終えた。タイトル獲得や昨季からの巻き返しなど様々な思惑を抱えていた各クラブだが、その戦いぶりはどのようなものだったのだろうか。今回はインテルを振り返る。(文:神尾光臣【ミラノ】)

本田

ミラン、カップ戦でも主力温存せず逆転勝利。2人のウインガーが決定打に。本田はアップ命じられるも…

ミランは現地時間12日、コッパ・イタリア5回戦でトリノと対戦。前半に先制点を奪われたが、後半に2ゴールを奪って逆転勝利を収め、準々決勝に進出した。ミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督はこの試合に向けて大幅なターンオーバーはしないと明言していた。そして、逆転勝利の決定打となったのはリーグ戦でも主力としてプレーする2人のウインガーであった。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

本田

本田、カップ戦でも出場は望み薄か。先発と報じられるも…ターンオーバーに消極的な指揮官

ミランは現地時間12日、コッパ・イタリア5回戦でトリノをホームに迎える。カップ戦ではターンオーバーを採用して控え選手に出場機会が与えられることが多いが、ミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は主力の入れ替えに消極的な姿勢を示した。リーグ戦で出場機会を得られていない本田圭佑は先発出場とも報じられたが、カップ戦でも出番が与えられる可能性は低いかもしれない。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

イグアイン

ユベントス、一時の危機もなんのその。イグアインら“マウンティング補強”で冬の王者に【欧州主要クラブ中間査定】

2016/17シーズンの欧州サッカーも前半戦を終えた。タイトル獲得や昨季からの巻き返しなど様々な思惑を抱えていた各クラブだが、その戦いぶりはどのようなものだったのだろうか。今回はユベントスを振り返る。(文:神尾光臣【ミラノ】)

20170111_honda_getty

ミラン、新指揮官のもとチームは成長。本田はバックアップとしての存在感を放てず【欧州主要クラブ中間査定】

2016/17シーズンの欧州サッカーも前半戦を終えた。タイトル獲得や昨季からの巻き返しなど様々な思惑を抱えていた各クラブだが、その戦いぶりはどのようなものだったのだろうか。今回はミランを振り返る。(文:神尾光臣【ミラノ】)

ヴィンチェンツォ・モンテッラ

ミラン、健闘する格下から“力業”で勝ち点3。身につけ始めた勝負強さ

 ミランは現地時間8日、セリエA第19節でカリアリと対戦し、ホームで1-0の勝利を収めた。カリアリの好パフォーマンスに打つ手がないように思われたミランだが、終盤の采配でこじ開けている。上位を争うチームは、こういったゲームで勝負強さを見せなければいけない。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

ミラン

ミラン、スーパー杯制覇から見える確かな成長。ユベントス撃破のカギとなった3つのポイント

 23日に行われたイタリア・スーパーカップは、1-1で120分間の戦いを終え、PK戦でミランがタイトルを手中にした。王者ユベントスを下したミランは、モンテッラ監督の下で確かな成長を続けている。(取材・文:神尾光臣)

ミラン

ミラン、トラブル発生で1日遅れの出発に。ハンデ背負いユーベとタイトル賭けた一戦へ

ミランは現地時間23日に行われるスーペルコッパ・イタリアーナでユベントスと戦う。今年の開催地はカタール・ドーハのため、移動の関係で両クラブのセリエA18節の試合が来年2月に順延された。ユベントスが勝てば5連覇を達成し歴代単独8度目の優勝となる。一方ミランが勝てば5年ぶり7度目の優勝となる試合だ。タイトルを賭けた一戦の行方を占う。(取材・文:神尾光臣)

ヴィンチェンツォ・モンテッラ

ミラン、アタランタを崩しきれず。目立った拙攻。チームの進歩に必要な得点力の向上

17日にアタランタと対戦したミランは攻守の切り替えが早いアタランタを相手に押し込みながらも崩しきれずに、スコアレスドローに終わった。次戦はカタール、ドーハで行われるユベントスのカップ戦。ラストパスの精度、エリア内に掛ける人数など得点力の向上が欠かせない。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

ジャンピエロ・ガスペリーニ

ダークホースを迎えるミラン。好調2チームの共通点と、指揮官が考える勝敗の鍵

現地時間17日、ミランはセリエ第17節で本拠地サン・シーロにアタランタを迎える。セリエA前半戦で好調だった2チームには、いくつかの共通点があった。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

本田

伊紙、本田の起用法に疑問「途中出場から点数を増やしてくれるような男ではない」

ミランは現地時間12日、セリエA第16節でローマと対戦し0-1で敗れた。本田圭佑は先発濃厚と見られながらベンチスタートとなり、終盤に途中出場するもチームを勝利に導けなかった。イタリア各メディアは採点こそしなかったものの、不甲斐ないミランの10番のプレーを批判している。(取材・文:神尾光臣【ローマ】)

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top