神尾光臣

1973年9月28日、福岡県生まれ。東京外国語大学外国語イタリア語学科卒。97年の留学中にイタリアサッカーの熱狂に巻き込まれ、2003年から本格的に取材活動を開始する。イタリア南部での活動を経て、2011年からミラノ近郊に拠点を移動。北はトリエステから南はシチリア島、時にはヨーロッパ他国にも飛び回り、プロビンチャで養った視点でビッグクラブの現実や欧州サッカーの潮流までも観察する。『Footballista』『エル・ゴラッソ』『スポーツナビ』『週刊サッカーダイジェスト』等に執筆・寄稿。たまに地元TVやラジオ相手にしゃべったりもするが、軽くネタキャラに扱われているのは内緒。

パウロ・ディバラ

ユベントスの“宝石”が再生。圧巻のパウロ・ディバラ、背番号10がチームにもたらすものとは

セリエA第24節、ユベントス対フロジノーネの一戦が現地時間15日に行われ、3-0でホームチームが勝利している。この日もエースであるクリスティアーノ・ロナウドが得点するなど、ユベントスは持ち前の強さを披露。そんなチームのなかでひと際目立った活躍を見せたのが、パウロ・ディバラだった。背番号10の再生は、ユベントスにとってどういったものをもたらすのだろうか。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

190211_rona_getty

勝利を生む絶対的なロナウド。調子落としかけたユベントス、それでも踏みとどまれる理由

セリエA第23節が現地時間10日に行われ、ユベントスはサッスオーロに3-0と勝利を収めた。試合立ち上がりは相手の攻撃に押し込まれる形となったが、終わってみれば点差をつけている。チームを先導したのはやはりクリスティアーノ・ロナウド。新天地においてもその存在は大きい。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

ユベントス

ユベントス、指揮官も呆れた守備の脆さ。ロナウド2ゴールも、問題抱える絶対王者の今

ユベントスは現地時間2日、セリエA第22節でパルマと対戦し、3-3のドローに終わっている。ここ最近の試合で苦戦を強いられていたユベントスだが、この日のゲームでも2点をリードしながら終盤に失点を重ねて勝ち点2を落とす形となった。イタリアの絶対王者に今、何が起きているのだろうか。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

ミラン

ミランに名門復活への希望はあるか? 整わないフロントの足並み、必要なのはクラブの一体感

近年、低迷が続いているミラン。かつての輝きを完全に失っており、チャンピオンズリーグ出場はおろかヨーロッパリーグでもグループリーグ敗退に追い込まれるなど、苦しい状況は今季も続いている。クラブのOBでもあるレオナルドやパオロ・マルディーニらをフロントに加え、再建を目指してはいるものの、そこに至るまではまだまだ時間がかかりそうだ。そんなミランに今、必要なものとは。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

181230_rona_getty

ロナウド加入、真の効果。勝利への執着心、接戦の逞しさ・・・記録的ペースで得た勝ち点53

現地時間29日に行われたセリエA第19節ユベントス対サンプドリアの一戦は2-1とホームチームの勝利に終わっている。破竹の勢いで勝ち点を積み重ねるユーベだが、楽に稼いできたわけではない。それでも、7連覇中のチームにクリスティアーノ・ロナウドが加わったことは、王者をさらに逞しくさせている。(文:神尾光臣【イタリア】)

181227_rona_getty

ロナウドは極めて強力、だからこそ浮かぶ懸念。ユーベを追い詰めた相手の緻密な戦術とは?

現地時間26日に行われたセリエA第18節アタランタ対ユベントスの一戦は2-2のドローに終わっている。ユベントスは一時逆転を許すなど苦しい展開を強いられるなか、後半途中にクリスティアーノ・ロナウドを投入。エースのゴールで引き分けに持ち込んだ。背番号7は改めてその力を示した格好だが、アタランタに追い詰められたのも事実だった。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

マリオ・マンジュキッチ

ユーベの隠れた最重要人物、マンジュキッチ。C・ロナウドを支える汗かき役の存在意義

ユベントスは22日、セリエA第17節のローマ戦を1-0で制した。クリスティアーノ・ロナウドは不発だったが、チームを救ったのはマリオ・マンジュキッチ。ゴールを決めるだけでなく様々な局面で多大な貢献を見せる汗かき役が輝きを放っている。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

クリスティアーノ・ロナウド

ユベントスがトリノを凌駕する。白熱のダービー戦、C・ロナウドが示した勝利へのこだわり

現地時間15日に行われたセリエA第16節トリノ対ユベントスの一戦は1-0でアウェイチームが勝利している。白熱のダービーマッチで決勝ゴールを挙げたのはクリスティアーノ・ロナウドだ。得点後には反スポーツマンシップ的行為で警告を受けたが、そこには勝利への強いこだわりがあった。(文:神尾光臣【イタリア】)

クリスティアーノ・ロナウド

外し続けたロナウド…数多のシュートも決められず。「痛みのない敗戦」が提示した課題

チャンピオンズリーグ(CL)は、グループステージ第6節が行われた。ユベントスはH組で首位通過を決めたものの、ヤング・ボーイズとのアウェイ戦で1-2と敗戦を喫した。この敗戦の要因となったのは、FWクリスティアーノ・ロナウドだった。(文:神尾光臣【イタリア】)

クリスティアーノ・ロナウド

ユーベの決勝ゴールはいかにして生まれたのか。そこに背番号7の存在、準備されていた完璧な狙い

現地時間7日に行われたセリエA第15節、ユベントス対インテルの一戦は1-0でホームチームが勝利している。前半こそ相手に主導権を握られたユベントスだったが、インテルのほんの一瞬の隙を見事に突き、勝利をもぎ取ったのである。決勝点が生まれた理由には、絶対王者が準備していた完璧な狙いとC・ロナウドの存在があった。(文:神尾光臣【イタリア】)

181202_rona_gettty

ユベントスが誇示した強さの一端。C・ロナウドもPK弾、力業ではない勝利が持つ意味

セリエA第14節が現地時間1日に行われ、ユベントスはフィオレンティーナに3-0と勝利した。内容で上回ったのはフィオレンティーナだった。しかし、勝ち点3を手にしたのは王者。90分が終わった時、際立ったのはユベントスの試合巧者ぶりだった。(文:神尾光臣【イタリア】)

181128_rona_gettty

C・ロナウド、至極のワンプレー。組織守備を無効化するフェイントは“真の個人技”

チャンピオンズリーグ(CL)は現地時間27日、グループリーグ第5節が行われた。ユベントスはホームにバレンシアを迎えて1-0と勝利を収めて決勝トーナメント進出を決めた。この勝利を決めたマリオ・マンジュキッチのゴールを生んだのは、やはりクリスティアーノ・ロナウドだった。(文:神尾光臣【イタリア】)

クリスティアーノ・ロナウド

ユベントスに隙なし。C・ロナウドがもたらす勝利、機能した新たな戦術オプション

現地時間24日に行われたセリエA第13節で、ユベントスはSPALに2-0で勝利を収めた。王者が見せる戦いに隙はない。すでに2位ナポリに大差をつける抜群の安定感を実現させるのは、今季からチームに加わった新エースの存在。背番号7がもたらす相乗効果は総合力の向上にも一役買っている。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

イタリア代表

イタリア代表のその後。W杯逃し、「今」はどうなっているのか? “時代遅れ”の戦術に賛否も

ロシアワールドカップ出場を逃したイタリア代表は、ロベルト・マンチーニ監督を新たに迎えた。ネーションズリーグを戦う中で、そのようなチーム作りを進めているのか。イタリア在住記者がレポートする。(文:神尾光臣【イタリア】)

181112_crona_getty

やはりC・ロナウド。ユベントスが強力である理由。ミランを葬った「マンU戦の教訓」

セリエA第12節、ユベントスはアウェイでミランと対戦して2-0と勝利した。チャンピオンズリーグ(CL)でのマンチェスター・ユナイテッド戦では、内容で圧倒しながらも敗戦。この一戦を教訓にチームとして課題をクリアしたユベントスはさらに強力なチームとなった。そして、試合を終わらせたのは、やはりあの男だった。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

新着記事

FChan TV

↑top