神尾光臣

1973年9月28日、福岡県生まれ。東京外国語大学外国語イタリア語学科卒。97年の留学中にイタリアサッカーの熱狂に巻き込まれ、2003年から本格的に取材活動を開始する。イタリア南部での活動を経て、2011年からミラノ近郊に拠点を移動。北はトリエステから南はシチリア島、時にはヨーロッパ他国にも飛び回り、プロビンチャで養った視点でビッグクラブの現実や欧州サッカーの潮流までも観察する。『Footballista』『エル・ゴラッソ』『スポーツナビ』『週刊サッカーダイジェスト』等に執筆・寄稿。たまに地元TVやラジオ相手にしゃべったりもするが、軽くネタキャラに扱われているのは内緒。

コロンビア代表

コロンビア、初戦日本は「速く、フィジカルがある」。選手の言葉に油断なし。最高の環境で準備

ロシアワールドカップ初戦で日本代表と対戦するコロンビア代表は、ミランの練習場『ミラネッロ』で合宿を行っている。サッカーに集中できる環境で最高の準備を進めるコロンビアは、一部では日本戦を重視していないと伝えられているが、選手たちの言葉に一切の油断はなかった。(取材・文:神尾光臣【カルナーゴ】)

アルカディウシュ・ミリク

“最強FW”の相棒、ミリク。覆した長身=不器用の概念。ポーランドの最凶コンビが牙をむく【W杯 日本を襲う猛獣たち】

間近に迫ったロシアワールドカップ。日本はグループHでコロンビア、セネガル、ポーランドの3か国と激突する。本大会へ向け改めて確認しておきたいのは対戦国の要注意人物たちだ。フットボールチャンネルでは日本と対戦する3か国の“猛獣”たちを紹介していきたい。今回はポーランド代表のFWアルカディウシュ・ミリクを取り上げる。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

ヴォイチェフ・シュチェスニー

“ブッフォンの正統後継者”、シュチェスニー。日本に立ち塞がる世界指折りの守護神【W杯 日本を襲う猛獣たち】

間近に迫ったロシアワールドカップ。日本はグループHでコロンビア、セネガル、ポーランドの3か国と激突する。本大会へ向け改めて確認しておきたいのは対戦国の要注意人物たちだ。フットボールチャンネルでは日本と対戦する3か国の“猛獣”たちを紹介していきたい。今回はポーランド代表のGKヴォイチェフ・シュチェスニーを取り上げる。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

ピオトル・ジエリンスキ

日本にとって最悪な男、ジエリンスキ。危険度はトップ級、相手を切り裂くポーランドの脅威【W杯 日本を襲う猛獣たち】

間近に迫ったロシアワールドカップ。日本はグループHでコロンビア、セネガル、ポーランドの3か国と激突する。本大会へ向け改めて確認しておきたいのは対戦国の要注意人物たちだ。フットボールチャンネルでは日本と対戦する3か国の“猛獣”たちを紹介していきたい。今回はポーランド代表のMFピオトル・ジエリンスキを取り上げる。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

カリドゥ・クリバリ

“その存在が卑怯”。最高峰のDFクリバリ。日本の前にそびえ立つセネガルの『人間山脈』【W杯 日本を襲う猛獣たち】

間近に迫ったロシアワールドカップ。日本はグループHでコロンビア、セネガル、ポーランドの3か国と激突する。本大会へ向け改めて確認しておきたいのは対戦国の要注意人物たちだ。フットボールチャンネルでは日本と対戦する3か国の“猛獣”たちを紹介していきたい。今回はセネガル代表のDFカリドゥ・クリバリを取り上げる。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

20180602_james_getty

コロンビア、全ては日本戦のために。W杯へ視界良好…親善試合で見せた多彩な攻め

ロシアワールドカップのグループリーグ初戦で日本代表と対戦するコロンビア代表は、現地2日の親善試合でエジプト代表と引き分けた。しかし、試合内容はスコアレスドローであることを感じさせないほどの充実ぶり。多彩な攻撃パターンを見せて改めて強さを証明したコロンビアは、来る日本戦のため入念に準備を進めている。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

ルイス・ムリエル

“コロンビアのロナウド”、ムリエル。その潜在能力が解き放たれた時、日本最大の脅威に【W杯 日本を襲う猛獣たち】

1か月後に迫ったロシアワールドカップ。日本はグループHでコロンビア、セネガル、ポーランドの3か国と激突する。本大会へ向け改めて確認しておきたいのは対戦国の要注意人物達だ。フットボールチャンネルでは日本と対戦する3か国の“猛獣”たちを紹介していきたい。今回はコロンビア代表のルイス・ムリエルを取り上げる。(文:神尾光臣【イタリア】)

カルロス・バッカ

バス運転手からW杯戦士へ。コロンビアの遅咲きFW、バッカ。日本DF陣を陥れる武器とは?【W杯 日本を襲う猛獣たち】

1か月後に迫ったロシアワールドカップ。日本はグループHでコロンビア、セネガル、ポーランドの3か国と激突する。本大会へ向け改めて確認しておきたいのは対戦国の要注意人物達だ。フットボールチャンネルでは日本と対戦する3か国の“猛獣”たちを紹介していきたい。今回はコロンビア代表のカルロス・バッカを取り上げる。(文:神尾光臣【イタリア】)

クアドラード

長友との激闘再び。コロンビアの高速ウインガー、クアドラード。4年の時を経て得た円熟味【W杯 日本を襲う猛獣たち】

1か月後に迫ったロシアワールドカップ。日本はグループHでコロンビア、セネガル、ポーランドの3か国と激突する。本大会へ向け改めて確認しておきたいのは対戦国の要注意人物達だ。フットボールチャンネルでは日本と対戦する3か国の“猛獣”たちを紹介していきたい。今回はコロンビア代表のファン・ギジェルモ・クアドラードを取り上げる。(文:神尾光臣【イタリア】)

長友佑都

長友がトルコで高く評価される理由。強敵を沈黙させた2試合と情熱のサポーターの支え

今季途中、長友佑都はインテルからガラタサライへ期限付き移籍した。イタリアからトルコに活躍の場を移し、地元メディアやサポーターから高い評価を受けているが、その理由をイタリア在住記者がトルコへ渡り追った。(取材・文:神尾光臣【トルコ】)

ローマ

若きローマが見せた成長の跡。望外のCL準決勝進出、リバプールを追い詰めた智将の修正力

2日に行われたチャンピオンズリーグ準決勝2ndレグで、ローマは4-2でリバプールに勝利した。だが、決勝進出にはあと一歩及ばなかった。1stレグを2-5で落としていた代償はあまりにも大きかった。だが、叩き上げの智将と新進気鋭の若手を揃えたローマは、リバプールを追い詰めて確かな実力と成長を示して見せた。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

モハメド・サラー

“バケモン”サラー、躍動の理由。ゲーゲンプレスがより凶悪に。リバプールが突いたローマの盲点

チャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグでリバプールとローマが対戦。FWモハメド・サラーの2ゴール2アシストの活躍もあり、ホームのリバプールが5-2と先勝した。かつてローマでもプレーしたサラーは、鋭さを増して古巣を翻弄した。(文:神尾光臣)

ユベントス

「審判の心はゴミ箱」。ユーベ大激怒のPK判定。皮肉な結末も、熱戦生んだ“レアル攻略法”

チャンピオンズリーグのベスト4が出揃った。昨季の決勝カードの再戦となったユベントス対レアル・マドリーの終わり方が議論を巻き起こしている。1stレグの3点ビハインドから巻き返し、昨季王者をあと一歩まで追い詰めたユベントスにとっては皮肉な結末が待っていた。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

で・ロッシ

バルサ逆転敗退の衝撃を生んだ要因とは? ローマが構築した完璧なプランと指揮官の英断

誰もがバルセロナのチャンピオンズリーグ準決勝進出を疑わなかった。4-1で終わった準々決勝1stレグを経て、10日の2ndレグを迎えるまでは。しかし、そんな絶望的な状況でも大逆転を信じ続けたのがローマのエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督だった。シーズン中に地道に積み上げてきたものを、この一戦で全て解放し、攻撃的な采配で見事にバルセロナを打ち破った。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

クリスティアーノ・ロナウド

ユーベにとって“最悪の存在”。C・ロナウドが見せつけた格の違い。堅守決壊の要因は?

現地時間3日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)の準々決勝1stレグが行われ、敵地に乗り込んだレアル・マドリーがユベントスを3-0で下した。貴重なアウェイでの完勝に加え、違いを見せつけたのはクリスティアーノ・ロナウドだった。相手の一瞬の隙も見逃さない抜け目なさで全3得点に絡み、アウェイで拍手喝采を浴びることとなった。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top