神尾光臣

1973年9月28日、福岡県生まれ。東京外国語大学外国語イタリア語学科卒。97年の留学中にイタリアサッカーの熱狂に巻き込まれ、2003年から本格的に取材活動を開始する。イタリア南部での活動を経て、2011年からミラノ近郊に拠点を移動。北はトリエステから南はシチリア島、時にはヨーロッパ他国にも飛び回り、プロビンチャで養った視点でビッグクラブの現実や欧州サッカーの潮流までも観察する。『Footballista』『エル・ゴラッソ』『スポーツナビ』『週刊サッカーダイジェスト』等に執筆・寄稿。たまに地元TVやラジオ相手にしゃべったりもするが、軽くネタキャラに扱われているのは内緒。

0120Tomiyasu_getty

冨安健洋が守備で手を焼いた理由。対策が進むセリエAでの戦い、戦術コーチが語る守備の不安定さとは?

イタリア・セリエA第20節、ボローニャ対ヴェローナが現地時間19日に行われ、試合は1-1のドローに終わった。この試合にフル出場した冨安健洋は、攻撃面では積極的なプレーを見せた一方で、守備では同点となる失点に関与している。試合後に戦術コーチを務めるエミリオ・デ・レオ氏は、チームがコンパクトな守備を構築できなかった要因を分析している。(取材・文:神尾光臣【ボローニャ】)

冨安健洋

冨安健洋は間違いなく素晴らしい。曲者・ベロッティにも劣らず、またも残した目覚ましいデータ

セリエA第19節、トリノ対ボローニャが12日に行われ、1-0でホームチームが勝利している。日本代表DFの冨安健洋は、この日も右サイドバックで先発フル出場。チームは敗れたが、個人のパフォーマンスは決して悪くなかった。これでリーグも前半戦が終了ということになったが、冨安は確かな成長を手にしていると言えるだろう。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

冨安健洋

“攻撃的DF”冨安健洋が刻んだ驚愕のデータ。カルチョに染まって躍動、大物会長をも魅了

ウィンターブレイク明けのセリエAで、ボローニャの冨安健洋が躍動している。現地6日に行われたセリエA第18節のフィオレンティーナ戦は引き分けに終わったが、冨安は驚愕のスタッツを叩き出した。カルチョの国で攻撃的なDFとしての才覚を示す21歳のパフォーマンスには、ある大物も熱視線を送っていたようだ。(取材・文:神尾光臣【ボローニャ】)

冨安健洋

冨安健洋が感じさせた「己」の存在。DFリーダー不在も役割を全う、勝利に貢献した大きな意味

セリエA第17節、レッチェ対ボローニャが現地時間22日に行われ、2-3でアウェイチームが勝利を収めている。日本代表DFの冨安健洋はCBとしてフル出場。ディフェンスリーダーのダニーロ不在の穴をしっかり埋めたと言える。勝利に貢献できた意味は、決して小さくないはずだ。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

冨安健洋

冨安健洋がピッチで示したその能力。やられっぱなしで終わらない、セリエA初アシスト

セリエA第16節、ボローニャ対アタランタが15日に行われ、2-1でホームチームが勝利している。日本代表DFの冨安健洋はこの日も右サイドバックで出場。53分には移籍後初となるアシストも記録している。前節のミラン戦では失点に関与するなど不振に終わった冨安であったが、そこからしっかりと立て直してきたと言えるだろう。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

冨安健洋

冨安健洋、ミスが許されぬミラン戦で露呈した課題。攻守両面で失う存在感、今後必要なものは?

セリエA第15節、ボローニャ対ミランが現地時間8日に行われ、2-3でアウェイチームが勝利を収めている。日本代表DFの冨安健洋はこの日も先発フル出場。しかし、同選手はこの試合で2失点に絡んでしまうなど、内容は苦しいものとなった。そこで見えてきた、今後の課題とは?(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

1202Tomiyasu_Getty

冨安健洋はやられたらやり返す。「引き分けで満足しない姿勢」、イタリア代表とのマッチアップにも屈せず

セリエA第14節、ナポリ対ボローニャが現地1日に行われ、ボローニャが1-2で逆転勝利を収めた。この試合にフル出場した日本代表DFの冨安健洋は、守備ではイタリア代表のインシーニェと対峙。一瞬の隙を突かれて先制点を献上したものの、その後は同点弾を演出するなど攻守にわたってチームの勝利に貢献した。(取材・文:神尾光臣【ナポリ】)

1125Tomiyasu_getty

冨安健洋、復帰戦で遂行した新たな役割。CB起用で右サイドは停滞…不在で顕在化する攻撃面での貢献

イタリア・セリエA第13節、ボローニャ対パルマが現地時間24日に行われ、試合は2-2のドローに終わった。ケガから復帰し6戦ぶりに出場したDF冨安健洋は83分までプレー。これまで起用されてきた右サイドバックではなく、センターバックを任された。初のセンターバック起用となったが、攻撃の組み立てにおいては高い能力を発揮し、存在感を示した。(取材・文:神尾光臣【ボローニャ】)

セリエA

あのC・ロナウドも苦戦。ミランは大健闘。それでも…ユベントスとの違いはどこにあったのか?

セリエA第12節、ユベントス対ミランが現地時間10日に行われ1-0でホームチームが勝利している。今季のセリエAで無敗を維持するユベントスが有利という試合前の予想だったが、ミランはそれを裏切る大健闘を見せた。しかし、最後はディバラの一撃に屈し敗北。C・ロナウドなども苦しめながら、最後に浮き彫りとなった差とは?(文:神尾光臣【イタリア】)

ユベントス

結局、ユベントスが最強のままなのか? ボローニャは果敢に追い詰めるも…構築された戦術の形

セリエA第8節、ユベントス対ボローニャは2-1でユベントスが勝利した。ボローニャはDF冨安健洋を日本代表戦での負傷で欠いたが、一歩も引かない戦いを見せ、あわや同点という展開を繰り広げた。それでも結果は王者の勝利。今季もまた、他の追随を許さない強さでイタリアを制するのか。(文:神尾光臣)

冨安健洋

冨安健洋はやはりすごい。イタリア在住記者が舌を巻く希有な能力とは? セリエAで見せる上々の反響

セリエA第7節、ボローニャ対ラツィオが現地時間6日に行われた。この試合は2-2の引き分けに終わったが、右サイドバックで先発したDF冨安健洋は前節よりも改善されたパフォーマンスを見せた。移籍1年目にして弱冠20歳の冨安がここまでの7試合で披露したプレーにイタリア在住記者は舌を巻いた。(取材・文:神尾光臣【ボローニャ】)

ユベントス

ユベントス、完勝の要因は? サッリの面目躍如たる攻撃の形、誇示した「経験あるチームの強さ」

チャンピオンズリーグ・グループリーグD組第2節、ユベントス対レバークーゼンが現地時間1日に行われ、3-0でホームチームが勝利を収めている。前半こそレバークーゼンの強度に手を焼いたユベントスであったが、後半はその強さを示して完勝を手に入れた。流れは一体、どこで変わったのだろうか。(取材・文:神尾光臣【トリノ】)

冨安健洋

なぜ、冨安健洋は失点に絡んだのか? ボローニャの“核”だからこそ潰しにきたウディネーゼの戦略

セリエA第6節、ウディネーゼ対ボローニャは1-0でウディネーゼが勝利した。日本代表DF冨安健洋はこの試合でも右サイドバックとして先発起用されたが、試合を決めた1点は冨安の右サイドを崩されてのものだった。しかし、それはウディネーゼがボローニャの右サイド攻略を戦術上1番の対策としていたからだった。(取材・文:神尾光臣【ウディネ】)

冨安健洋

冨安健洋が記録した「両チーム最多の77回」。データが示す存在感、ボローニャの戦術の鍵に

セリエA第5節、ジェノア対ボローニャが現地時間25日に行われ、0-0のドローに終わった。DF冨安健洋は、ローマとの前節では低評価を下されるパフォーマンスだったが、この日の試合では修正が図られていた。冨安が守備だけではなく、攻撃面でも重要な存在となっていることはデータからも明らかとなっている。(取材・文:神尾光臣【ジェノバ】)

冨安健洋

冨安健洋はなぜコラロフを止められなかったのか。用意された巧妙な罠と強豪・ローマの圧力

セリエA第4節、ボローニャ対ローマが現地時間22日に行われ、1-2でアウェイチームが勝利を収めている。この日も右サイドバックとして先発出場を果たしたDF冨安健洋であったが、対峙したコラロフに苦しめられるなどセリエAの強豪という壁にぶち当たった。この経験を機に、更なる成長を期待したいところだが。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

新着記事

↑top