神尾光臣

1973年9月28日、福岡県生まれ。東京外国語大学外国語イタリア語学科卒。97年の留学中にイタリアサッカーの熱狂に巻き込まれ、2003年から本格的に取材活動を開始する。イタリア南部での活動を経て、2011年からミラノ近郊に拠点を移動。北はトリエステから南はシチリア島、時にはヨーロッパ他国にも飛び回り、プロビンチャで養った視点でビッグクラブの現実や欧州サッカーの潮流までも観察する。『Footballista』『エル・ゴラッソ』『スポーツナビ』『週刊サッカーダイジェスト』等に執筆・寄稿。たまに地元TVやラジオ相手にしゃべったりもするが、軽くネタキャラに扱われているのは内緒。

ユベントス

ユーベが魅せた華麗なパスワーク。カウンター狙うポルトを翻弄。手堅さだけではない攻撃的スタイル

ユベントスは現地時間22日、チャンピオンズリーグ(CL)ベスト16の1stレグでポルトと対戦し、アウェイで2-0の勝利を収めた。国際舞台では手堅いサッカーで勝ちを狙うユベントスだが、この試合では華麗なパスワークでポルトを翻弄。相手の狙いだったカウンターもことごとくかわした。この日のユベントスは攻撃的にフォーメーションで挑むなど、決して“手堅い”だけではないチームとなっていた。

本田

本田、ミランで戦力と評価されない理由。名門の経営難に翻弄された“10番”の苦闘【海外組の真価~日本人選手の現在地】

これまで日本代表をけん引してきた選手たちが所属クラブで出場機会を失い、踊り場にあるように思える日本サッカー。いま改めて海外組の現在地を探っていきたい。今回取り上げるのは、ミランの本田圭佑。名門で10番を背負う日本代表MFは「ミランに在籍する実力はない」と批判されながらも、加入後2年半で公式戦83試合に出場するなど一時は主力としてプレーしてきた。しかし名門の経営難に翻弄された本田は、今季は出場機会を得ることができず、退団は既定路線とされている。果たして、本田はなぜ戦力として評価されなくなってしまったのだろうか。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

ACミラン

ミラン、2人退場から掴んだ奇妙な勝利。ボローニャの“自滅劇”を呼び込んだ3つの要因とは

ミランは現地時間8日、延期となっていたセリエA第18節でボローニャとアウェイで対戦。2人の退場者を出して9人で戦っていたミランだったが、試合終了間際に決勝点を挙げて1-0の勝利を収めるという、なんとも奇妙な試合だった。ボローニャのロベルト・ドナドーニ監督は「どんな悪夢よりもひどい」と“自滅劇”を嘆いていたが、ミランが9人で勝利を掴み取ったのには3つの要因があった。(取材・文:神尾光臣【ボローニャ】)

本田圭佑

本田の出場はやはり望み薄か。泥沼ミランは連敗脱出へ…指揮官が示唆した先発変更の可能性

ミランは現地時間8日、延期分となっていたセリエA第18節でボローニャとアウェイで対戦する。今季は試合内容も悪くなく、チームは成長を続けているが、リーグ戦で3連敗を喫しているミラン。ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は先発メンバーの変更を前日の記者会見で示唆したものの、やはり本田圭佑の出場は望み薄の状況である。(取材・文:神尾光臣【ボローニャ】)

ミラン

ミラン、布陣変更が機能するも悔恨の3連敗…無得点で痛感したボナベントゥーラの存在感

ミランは現地時間5日、セリエA第23節でサンプドリアとホームで対戦。試合を優位に進めていたが、0-1で敗れて3連敗となった。ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督はこの試合で新たなフォーメーションで挑むも、攻撃でのクオリティを欠いてゴールを奪うことはできなかった。この試合で、負傷離脱となったジャコモ・ボナベントゥーラ不在を痛感することになった。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

本田圭佑

ミラン、7位転落で叫ばれる「危機」。急成長のサンプに対抗手段は? 戦術変更もやむなしか

ミランは現地時間5日のセリエA第23節でサンプドリアと対戦する。ここ4試合で1分3敗と停滞する中、崩しの切り札であるジャコモ・ボナベントゥーラが長期離脱。戦術家マルコ・ジャンパオロに率いられ急成長を遂げるサンプドリア相手に対抗手段はあるのか。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

ウディネーゼ

ミランを封じたウディネーゼの“未熟なトリオ”。世界に誇るスカウトが発掘した若き才能たち

ミランは現地時間29日に行われたセリエ第22節で、ウディネーゼにアウェイで1-2の逆転負けを喫した。ミランを封じたのは、ウディネーゼの3人の中盤だった。モハメッド・フォーファナとヤクブ・ヤンクトはともに21歳で、32歳のエミル・ハルフレッドソンはアンカーで初の出場。世界屈指のスカウトチームが発掘した若き才能たちは、メディアから批判も浴びながらこの試合で躍動し、勝利の原動力となった。(取材・文:神尾光臣【ウディネ】)

モンテッラ

難敵ウディネーゼ戦に挑むミラン。モンテッラ監督期待の新加入デウロフェウは切り札に

29日、ミランはウディネーゼと対戦する。25日に行われたコッパ・イタリアでユベントスに敗れたミランであるが、数少ないポジティブな要素は新加入のジェラール・デウロフェウがその実力の片鱗を見せたことだ。難敵ウディネーゼ相手にミランはどんな試合を見せるのだろうか(取材・文:神尾光臣【ミラン】)

本田圭佑

本田、ユーベ戦で久々出場も…伊紙「サムライのシナリオは変わらない」

コッパ・イタリア準々決勝が25日に行われ、ミランはユベントスに1-2で敗れた。ミランの本田圭佑は後半アディショナルタイムから途中出場したものの、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督から与えられた時間は短くアピールには至らなかった。新加入選手もいる中、チーム内の序列には今後どんな変化が起きるのだろうか。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

ユベントス

ユーベ、ミランを破った「超攻撃的布陣」の守備戦術。本田はセントラルMFで終盤出場も爪痕残せず

ミランとユベントスは現地時間25日にコッパ・イタリア準々決勝で対戦。ホームのユベントスが2-1で勝利を収めて準決勝進出を決めた。ユベントスはこの試合で「超攻撃的布陣」を採用。堅守の国として知られるイタリアではリスクマネジメントを考えない戦いは敬遠されるが、攻撃のタレントが献身的な守備をこなし、ミランを完封している。日本代表の本田圭佑は試合終盤にセントラルMFで途中出場を果たすが、爪痕残すことはできなかった。(取材・文:神尾光臣【トリノ】)

本田

ミラン、デウロフェウ加入で攻撃陣の編成はどう変わるのか。そして本田への影響は?

ミランは現地時間25日、コッパ・イタリア準々決勝でユベントスと対戦する。23日にはエバートンからスペイン人FWジェラール・デウロフェウを獲得したミランだが、彼の加入はミランの攻撃陣の編成にどのような変化を与えるのだろうか。そして、リーグ前半戦で出場機会の少なかった本田圭佑にどのような影響を及ぼすのか。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

ヴィンチェンツォ・モンテッラ

ミラン、ナポリに完敗。点差以上に見えた圧倒的な質の差

現地時間21日にミランはナポリと対戦し、1-2で敗れた。チャンピオンズリーグ出場を目指すミランにとっては痛い敗戦となったが、個々の力量などナポリはミランより上の順位にいることを見せる内容であった。ミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は「チームを強豪に育てていくには時間が掛かる」と冷静に分析したが、果たしてどのように成熟を見せるのだろうか。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

本田

本田、新戦力到来ならますます出場困難に…ミラン指揮官は「補強不要」強調もデウロフェウ獲得は内定か

セリエA第21節でミランはナポリと対戦する。現在5位のミランと3位ナポリとの勝ち点差は4。ヨーロッパコンペティション出場に向けた重要な直接対決となる。センターライン2選手を欠くミランはどのようにナポリに対抗するのだろうか。そしてスソのバックアッパーとして期待される本田圭佑であるが、ジェラール・デウロフェウの獲得が濃厚となりますます厳しい状況に置かれることになりそうだ。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

バッカ

ミラン、今季最悪の出来も…“余白”利用し5分間で同点。悔しさのあまり敵将も激怒

ミランは現地時間16日、セリエA第20節でトリノとアウェイで対戦した。前半で2得点を奪われてしまったミランは今季最悪の試合のひとつとなったが、後半の5分間で同点に追いつき2-2の引き分けで試合を終えた。敵将シニシャ・ミハイロビッチ監督は悔しさのあまりに激怒する一方、ミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は冷静だった。(取材・文:神尾光臣【トリノ】)

ミラン トリノ

ミラン、“難敵”と4日間で2度目の対戦へ。手の内を知り尽くす両指揮官、ウイングは主力2人が先発か

ミランは現地時間16日、セリエ第20節でトリノとアウェイで対戦する。両チームは12日にもコッパ・イタリア5回戦で対戦しており、その際はミランが2-1の逆転勝利を収めている。4日間で2度目の対戦となるが、両指揮官とも互いの手の内を知り尽くしている。ミランは難敵相手に連勝となるだろうか。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top