神尾光臣

1973年9月28日、福岡県生まれ。東京外国語大学外国語イタリア語学科卒。97年の留学中にイタリアサッカーの熱狂に巻き込まれ、2003年から本格的に取材活動を開始する。イタリア南部での活動を経て、2011年からミラノ近郊に拠点を移動。北はトリエステから南はシチリア島、時にはヨーロッパ他国にも飛び回り、プロビンチャで養った視点でビッグクラブの現実や欧州サッカーの潮流までも観察する。『Footballista』『エル・ゴラッソ』『スポーツナビ』『週刊サッカーダイジェスト』等に執筆・寄稿。たまに地元TVやラジオ相手にしゃべったりもするが、軽くネタキャラに扱われているのは内緒。

トルコ1部のガラタサライへ期限付き移籍することになった長友佑都

長友佑都、急転トルコ移籍の舞台裏。数日も経ず決定、カギになった協力代理人の存在

7年間を過ごしたインテル・ミラノからガラタサライへの期限付き移籍が決まったDF長友佑都。日本代表不動の左サイドバックは、なぜ17/18シーズン冬の移籍市場が閉まる直前にトルコの強豪を新天地として選んだのだろうか。この決定の裏にある思惑とは。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

インテルで出場機会に恵まれていないDF長友佑都

不遇のインテル長友佑都、移籍か残留か。監督の本意は? 出場機会減でW杯へ募る不安

インテルからの移籍が噂されているDF長友佑都。ロシアワールドカップを6月に控えているなかで出場機会に恵まれておらず、新天地を探すのではないかという報道も出てきた。冬の移籍市場が閉まるまで残りわずかとなったが、日本代表不動の左SBはどのような決断を下すのだろうか。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

長友佑都

長友不出場のインテル、3戦連続ドローで4位後退。大きく遠のいた優勝争い

21日に行われたセリエA第21節インテル対ローマの上位対決は1-1のドローに終わった。優勝争いに食い込むためにも両者負けられない一戦となったが、お互いに譲らず勝ち点1を分け合う結果に。長友不出場となったインテルは3試合連続ドローに終わり順位を4位まで落とすなど優勝争いからまた一歩後退する形となってしまった。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

サルデーニャ・アレーナ(奥)と旧ホーム・サンテリア(手前

イタリアサッカー界のスタジアム問題。自治体所有という壁。ユーベの一人勝ち脱却へ

サッカー観戦を楽しむうえで重要な要素となっているスタジアム。現代では単なる集客装置にはとどまらず、劇場空間としての魅力も必要だ。現在日本では多くの新スタジアム構想が議論されているが、様々な問題に直面し、計画が思うように進まないこともある。欧州サッカー界では商業施設併設の複合型スタジアムを建設する動きが進んでいるが、サッカーの伝統国であるイタリアは、日本と似たような問題に直面しているようだ。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

長友佑都

8戦ぶり出場の長友、対面の俊足ウインガーに苦戦。さらなる“質”の向上が必要

インテルは現地時間5日に行われたセリエA第20節の試合でフィオレンティーナと対戦し、1-1のドローに終わった。長友佑都は75分からの交代出場で、8試合ぶりにリーグ戦のピッチに立った。終了間際に喫した同点ゴールに直接的に絡んだわけではなかったが、苦戦を強いられた中で見えた課題を今後に繋げることが求められる。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

長友佑都

欠場続く長友佑都、活路はどこに。ライバルたちの“クオリティ”を凌駕する答えが必要

インテルは現地時間30日に行われたセリエA第19節の試合でラツィオと対戦し、0-0で引き分けた。長友佑都は現地メディアで先発が予想されていたが、結局今回もベンチで出場なし。ライバル選手たちが監督の要求する“クオリティ”を発揮できている状況の中で、出場機会を取り戻すためには何が必要となるのだろうか。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

長友佑都

「彼にできる事をした」と現地紙は長友佑都に及第点の評価

27日に行われたコッパ・イタリア(イタリア杯)準々決勝ミラン対インテルは1-0でミランが勝利した。この試合で先発フル出場を果たした長友佑都に対して地元紙はミランのエースであるスソへの対応におおむね及第点の評価をつけた。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

長友佑都

長友佑都、ミラノダービーでフル出場。相手エースを封じるも、失点関与で後味の悪い敗戦に

27日に行われたコッパ・イタリア(イタリア杯)準々決勝でミランと対戦したインテルは0-1で敗れカップ戦敗退となった。長友佑都は先発フル出場を果たし、相手エースのスソを苦しめるなど献身的な守備をみせたが、延長戦では同選手に試合を決定づける仕事をさせてしまうなど後味の悪い内容になってしまった。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

インテル

長友不在のインテル、SB入れ替えも裏目に。“攻略法”浸透で上位維持へ正念場

セリエA第18節の試合が現地時間の23日に行われ、インテルはサッスオーロに0-1で敗戦。前節の今季初黒星からまさかの2連敗を喫した。他チームはすでにインテルに対しての研究を進め、対策を確立させている。ここからもう一度チームを立て直すことができるかどうか、インテルは正念場を迎えている。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

インテル

インテル、守備の“弱点”露呈し初黒星。長友佑都の再起用も課題克服への一案か

現地時間16日にセリエA第17節の試合が行われ、インテルはウディネーゼに1-3で敗戦。今シーズンの初黒星となった。守備の弱点を露呈してしまった形の敗戦であり、後半戦に向けた修正のため再び長友佑都に出番が回ってくる可能性もあるかもしれない。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

長友佑都

「臆病だった」「だが決定的なPKを決める」。長友佑都に現地紙は評価分かれる

12日に行われたコッパ・イタリア5回戦インテル対ポルデノーネの一戦はPK戦の末、インテルが勝利した。先発フル出場を果たした長友佑都はPK戦で最終キッカーを務めると見事に成功させ、チームの勝利に大きく貢献した。現地紙は長友に対し、おおむね好評価を与えるも攻撃面に対しては厳しい意見も出たようだ。(文:神尾光臣【イタリア】)

長友佑都

長友佑都、両SBこなす堂々のプレー。「コンディションは良い」。定位置争いは熾烈に

12日に行われたコッパ・イタリア(イタリア杯)5回戦インテル対ポルデノーネはPK戦の末インテルが勝利した。長友佑都は右SB、左SBを一試合でこなし、久々の先発フル出場を果たしただけでなく、PK戦の最終キッカーを務め、見事に成功。チームを勝利に導いている。リーグ戦では出場機会を失いつつある長友だが、SBの定位置再奪取へ闘志を燃やす。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

ユベントス対インテル

ユーベ優勢もインテルが組織的守備で零封。イタリアダービーは両者不満残す痛み分け

セリエA第16節のユベントス対インテル戦が現地時間9日に行われ、0-0のドローに終わった。インテルのDF長友佑都は残念ながら出場せず。上位争いの直接対決となった大一番はユーベが優位に進めたが、インテルは指揮官の適切な修正もあってゴールを割らせずドローに持ち込んだ。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

ローマ

ローマが与えた衝撃。トレンドに即した最適なチーム作り。ユーベとともにCL16強へ

6日にUEFAチャンピオンズリーグ・グループステージの全試合が終了し、大会はいよいよ決勝トーナメントへと移る。イタリアからは3チームがグループステージに進出し、ユベントスは2位通過、ナポリはグループステージ敗退となった。そんな中、衝撃を与えたのがローマだ。A・マドリー、チェルシーと同組となった同チームは他国の強豪に互角以上の戦いを見せ、首位通過となった。低迷の時期を迎えているイタリアサッカー界にとってこの結果は、汚名返上のきっかけとなるだろうか。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

カリドゥ・クリバリ

W杯で日本と対峙、セネガル代表の大型CB。ナポリ守備陣の要、クリバリの万能性

1日に行われたセリエA第15節ユベントス-ナポリの一戦は、イタリアのW杯予選敗退のショックを忘れさせるかのような白熱した試合になった。W杯の組み合わせが決定したいま、注目したいのがこの試合でもナポリの守備陣を牽引したカリドゥ・クリバリ。W杯で日本と対戦する187cm89kg のセネガル代表DFは、正確なボールコントロール、守備力の高さを備え、日本を苦しめる存在となるに違いない。(文:神尾光臣【イタリア】)

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top