神尾光臣

1973年9月28日、福岡県生まれ。東京外国語大学外国語イタリア語学科卒。97年の留学中にイタリアサッカーの熱狂に巻き込まれ、2003年から本格的に取材活動を開始する。イタリア南部での活動を経て、2011年からミラノ近郊に拠点を移動。北はトリエステから南はシチリア島、時にはヨーロッパ他国にも飛び回り、プロビンチャで養った視点でビッグクラブの現実や欧州サッカーの潮流までも観察する。『Footballista』『エル・ゴラッソ』『スポーツナビ』『週刊サッカーダイジェスト』等に執筆・寄稿。たまに地元TVやラジオ相手にしゃべったりもするが、軽くネタキャラに扱われているのは内緒。

20171123_buffon_getty

ユーベ、バルサ戦で「悪癖」改善の手応え。緊急事態で試みた守備戦術の整備

アッレグリ監督は、「失点の多いユベントス」になることを阻止した。セリエAでユベントスらしからぬ守備が続いていたが、CLバルセロナ戦を無失点で終えている。指揮官が講じた策とは…。(取材・文:神尾光臣)

長友佑都

長友佑都、戦術的理由で出番なし。セットプレー対策で優先順位低く。新たなライバル登場

19日に行われたセリエA第13節でアタランタと対戦したインテルは2-0の完封勝利を収め、2位に浮上した。この試合でルチアーノ・スパレッティ監督はアタランタが強みとするセットプレー対策としてダビデ・サントンをSBに起用し、相手を完封。7試合ぶりに先発を外れた長友佑都にとっては、定位置を争う新たなライバルの登場といってもいいかもしれない。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

W杯欧州予選プレーオフでスウェーデンに敗れ、イタリアは60年ぶりに本大会出場を逃した

60年ぶりW杯予選敗退のイタリア。伝統国がなぜ弱体化? 監督だけに帰結できない失態の責任

11月13日、2018年ロシアW杯ヨーロッパ予選プレーオフ第2戦が行われ、イタリアはスウェーデンとの試合に臨んだ。第1戦を0-1で落としていたアッズーリ。勝利が求められる第2戦だったが0-0で引き分け、1958年のスウェーデン大会以来60年ぶりとなるW杯予選敗退となってしまった。W杯優勝4回を誇るイタリア代表はなぜこのような事態に陥ってしまったのだろうか。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

20171111_sweita1_getty

イタリア、60年ぶりW杯予選敗退の危機。スウェーデンの術中にはまった無惨な姿

10日のW杯欧州予選プレーオフ第1戦。イタリアはまんまとスウェーデンの策にかかり、敵地で0-1と敗れた。W杯優勝4回を誇るアズーリ。国民の不安は怒りとなっている。(取材・文:神尾光臣)

長友佑都

「監督はこのポジションそのものをあきらめた」と長友に厳しい声。現地紙の評価は低調

5日、セリエA第12節が行われ、インテルはトリノと1-1で引き分けた。この試合で6試合連続先発出場を果たした長友佑都は78分までプレー。クロスからチャンスを演出するなど攻撃面では目立っていたが、守備では失点に関与。現地紙の評価は分かれたが、おおむね及第点を下回る結果となり、それまでの好評価を覆す形となってしまった。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

長友佑都

長友佑都、アシストつかずもクロスで絶好機演出。インテルで好調のまま日本代表合流へ

5日、セリエA第12節が行われ、インテルはトリノと1-1で引き分けた。長友佑都は6試合連続で先発出場。守備では堅実な対応を見せ、攻撃では絶妙なクロスからチャンスを演出し存在感を示した。これでリーグ戦はいったん中断し代表ウィークに入るが、インテルでの好調を日本代表に還元できるだろうか。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

エル・シャーラウィ

ローマの3-0圧勝劇は偶然にあらず。チェルシーを粉砕、完璧な戦術が凝縮された90分間

チャンピオンズリーグでチェルシーが完封負けを喫した。しかも3点を奪われて。成し遂げたのはローマである。凋落が叫ばれていたセリエAで、異彩を放つのは攻守に組織された柔軟なサッカーを展開するエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督の手腕。かつて“異端”とされた恩師の考え方を現代に持ち込み、力の源泉としている。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

インテルの長友佑都

「もはや彼は信頼のおける存在となった」。長友佑都、地元紙はおおむね及第点

30日、セリエA第11節の試合が行われ、インテルはヴェローナに2-1で勝利した。5試合連続で先発出場した長友佑都は、前半こそ苦しんだものの、後半には堅実なプレーを披露。日本代表DFの働きについてイタリアの各紙はおおむね及第点の評価を与えている。(文:神尾光臣【イタリア】)

インテルの長友佑都。ヴェローナ戦で5試合連続スタメンとなった

長友佑都、体現される充実ぶり。前半苦しむも後半に立て直し、確信があればこその修正力

30日、セリエA第11節の試合が行われ、インテルはヴェローナに2-1で勝利した。第8節のミラノダービー以降、メンバーが固まりつつあるネッラズーリにあって、長友佑都は5試合連続で先発出場。前半こそ苦しんだものの、後半には堅実なプレーを披露した。難しい状況から立て直せるところに、ここ最近の充実ぶりが現れていると言えそうな一戦であった。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

インテルのDF長友佑都

「信じられないが本当のことだ!」長友佑都、スタンディングオベーション受け地元紙大絶賛

現地時間24日、セリエA第10節の試合が行われインテルはサンプドリアを相手に3-2で勝利した。この試合で先発出場し84分までプレーした長友佑都は傑出したパフォーマンスを披露。交代時には地元ファンからスタンディングオベーションで迎えられ、イタリアの各新聞は日本代表DFを絶賛している。(文:神尾光臣【イタリア】)

インテルの長友佑都。傑出したパフォーマンスに地元ファンも大きな拍手を送った

長友佑都、出色の働き。交代時は地元ファンの大拍手。さらに高まるインテルの完成度

現地時間24日、セリエA第10節の試合が行われインテルはサンプドリアを相手に3-2で勝利。翌日に試合のあるナポリを抜いて暫定首位に浮上した。ここ最近好調の長友佑都は先発出場し84分までプレー。傑出したパフォーマンスを披露し、交代時には地元ファンからスタンディングオベーションで迎えられた。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

カジェホン(左)と対面し奮闘した長友佑都(右)

「人目を惹くほどではないが効果的」。ナポリ戦健闘の長友、現地紙は及第点以上の評価

10月21日、セリエA第9節ナポリ対インテルの無敗対決が行われた。最終的にスコアレスドローに終わったこの試合で先発フル出場を果たした長友佑都は好調のナポリ攻撃陣を抑え、無失点に貢献した。昨季の同カードで自身のミスから得点を許したカジェホンと再び対面し突破を許す場面もあったが、現地各紙はおおむね高い評価を与えている。(文:神尾光臣【イタリア】)

インテルとナポリのセリエA首位決戦はスコアレスドローに。両チームとも無敗をキープした

インテルとナポリの見事な死闘。好プレーの応酬、個々でも組織でもハイレベルな首位決戦

21日、セリエA第9節の試合が行われ、ここまで8戦全勝のナポリと7勝1分のインテルが首位決戦を迎えた。双方の好調を裏付けるようにハイレベルな試合内容となったが、最後までゴールは生まれず。スコアレスドローとなったものの、試合終了後には両チームの選手たちが健闘をたたえ合う好ゲームだった。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督

ペップ・シティの衝撃。ナポリを空転させたボール回し、攻撃の手がかり奪う即時のプレス

17日、UEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節が行われ、マンチェスター・シティはナポリに2-1で勝利。前半30分まで相手に何もさせないほどのゲーム運びを見せ、セリエA首位のチームを圧倒した。ペップ・シティの強さが際立った一戦ではあったが、他方でグアルディオラ監督がナポリに賛辞を残すなど、南イタリアのチームが見せた勇敢な戦いぶりも特筆に値するものがあった。(文:神尾光臣)

ミラノダービーにフル出場したDF長友佑都

「ボールが足元にあると震えるが、悲惨なことはしなかった」。長友、ダービーフル出場で現地紙は及第点

10月15日、セリエA第8節でミラノダービーが行われ、インテルは3-2でミランに勝利した。日本代表からイタリアに戻ってきた長友佑都は先発フル出場。対面するボリーニに対して劣勢だった部分はあるものの、現地各紙はおおむね及第点を与えている。(文:神尾光臣【イタリア】)

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top