神尾光臣

1973年9月28日、福岡県生まれ。東京外国語大学外国語イタリア語学科卒。97年の留学中にイタリアサッカーの熱狂に巻き込まれ、2003年から本格的に取材活動を開始する。イタリア南部での活動を経て、2011年からミラノ近郊に拠点を移動。北はトリエステから南はシチリア島、時にはヨーロッパ他国にも飛び回り、プロビンチャで養った視点でビッグクラブの現実や欧州サッカーの潮流までも観察する。『Footballista』『エル・ゴラッソ』『スポーツナビ』『週刊サッカーダイジェスト』等に執筆・寄稿。たまに地元TVやラジオ相手にしゃべったりもするが、軽くネタキャラに扱われているのは内緒。

本田圭佑

本田、なぜ突然使われた? 短時間でも上々のプレー、疲弊するミランの助けになる可能性も

ミランは現地時間23日、セリエA第33節でエンポリとホームで対戦。ミランは戦術的に攻略を図る格下エンポリに押し込まれ、1-2の黒星を喫した。日本代表FW本田圭佑は昨年12月以来となるリーグ戦出場を果たし、短い時間ながら懸命なプレーを見せた。今季限りで契約満了による退団が濃厚な本田だが、シーズン終盤で疲労するチームの助けになることはできるのだろうか?(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

インザーギ ガットゥーゾ

インザーギとガットゥーゾは今も現場で戦う。下積み修行中の“レジェンド監督”、泥臭さも健在

フィリッポ・インザーギとジェンナーロ・ガットゥーゾ。かつてミランなどで活躍し、数々のタイトルを獲得してきた2人の名選手は、現在イタリアの下部リーグで監督を務めている。ミランで本田圭佑を指導したインザーギはヴェネツィアを3部リーグ優勝とセリエB昇格に導いた一方で、ピサを率いるガットゥーゾはセリエBで残留争いを強いられている。2人の“レジェンド監督”の現在の奮闘ぶりを追う。(文:神尾光臣【ミラノ】)

ユベントス

バルサを2戦連続完封。ユーベの強固な守備組織。共通理解が可能にする高度な連動性

ユベントスは現地時間19日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でバルセロナと対戦。アウェイで0-0の完封を収め、2試合合計3-0で準決勝進出を決めた。リオネル・メッシ、ネイマールら強力攻撃陣を擁するバルセロナ相手に、ユベントスは凄まじいまでのハードワークを見せ、枠内シュートをわずか1本に抑えた。ユベントスは、いかにしてバルセロナから攻撃の精度を奪っていったのだろうか。(文:神尾光臣【ミラノ】)

長友佑都

久々出場の長友に伊紙は好意的評価「スソを無効化した」「欠場続きは説明がつかない」

インテルは現地時間15日、セリエA第32節でミランとのダービーマッチを戦い、2-2のドローに終わった。"スソ対策"として10試合ぶりの先発に起用された長友佑都に対し、現地メディアはその役割を遂行したとして及第点やそれ以上の評価を下している。(文:神尾光臣【ミラノ】)

長友

ミラノダービー、劇的ドローを生んだ要因。インテルはなぜ崩れたのか? 長友は守備で数的不利に

現地時間15日、インテルとミランによるミラノダービーが行われた。前半はミランを上回り、2点をリードするなど試合を支配していたインテル。しかし後半にはミランに劇的な展開で追いつかれ、2-2のドローに終わった。なぜインテルは後半に崩れ、そしてミランは追い付くことができたのだろうか?(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

ハン・グァンソン

北朝鮮とイタリアサッカーの知られざるコネ。18歳FWがセリエA初得点、中田英寿発掘のスカウトも尽力

イタリア・セリエAのカリアリに所属する18歳の北朝鮮人FWハン・グァンソンはデビュー2試合目にしてゴールを決めた。国内メディアもその活躍を大きく報じ、監督も才能を高く評価している。謎の多い北朝鮮のサッカー事情だが、現在はイタリアサッカー界と強いコネクションを持っているという。では、イタリアへのルートはどのようにして確立されたのだろうか。一方で、イタリア国内では北朝鮮人選手との「兵器製造に利用される恐れがある」との批判もある。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

ユベントス

ユーベが突いたバルサの弱点。脆弱なサイドの守備と不安定なセンターライン

ユベントスは現地時間11日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝の1stレグでバルセロナと対戦し、ホームで3-0の先勝を収めた。ベスト16ではパリ・サンジェルマンに奇跡的な突破を果たしたバルセロナを相手にしたユベントスだったが、マッシミリアーノ・アッレグリ監督も「バルセロナの弱点を研究した」と語っていたように、緻密な戦術が凝縮された一戦となった。(取材・文:神尾光臣【トリノ】)

ドンナルンマ

ミランの未来は明るい!? 有望な若手が揃う理由。高齢化脱却に成功した身も蓋もない事情

現在セリエAで6位と苦しむミラン。しかし、近年は将来有望な若手選手が多くブレイクしており、現地時間10日に行われたパレルモ戦でも20代前半の選手が勝利をもたらす活躍を見せた。数年前は高齢化が問題視されていたミランだが、なぜ若返りに成功することができたのだろうか。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

ブッフォン

ブッフォン、うつ乗り越え1000試合出場。世界最高GKの知られざるキャリア第一歩と苦悩の日々

ユベントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンは、ロシアW杯欧州予選のブルガリア戦で公式戦1000試合出場を達成した。その一歩目はパルマから始まり、トップチームでもその実力を発揮していく。偉大なキャリアを歩んできたブッフォンだが、実はうつに苦しんだ日々がある。自伝で「いくら金持ちであろうとうつにはなる」と告白した守護神だが、そんな危機を乗り越え、選手として成熟したからこそこの偉業に辿り着くことができたのかもしれない。(文:神尾光臣【ミラノ】)

ユベントス

ユベントス一強時代に現地ファンは何を思う? 絶対王者の独走が示すイタリアサッカー界の問題

今季のセリエAを9節残し、2位ローマと勝ち点差8をつけて首位に立つユベントス。現在セリエAを5連覇しており、今季の優勝も時間の問題とされている。近年のセリエAはまさに“ユベントス一強時代”となっているが、現地のファンはこの状況をどう思っているのだろうか?(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

イタリア代表

イタリア代表で進む世代交代。セリエAの“外国人過多”脱出が促進した自国選手育成

現在、イタリアでは“若手起用ブーム”が起きている。オランダとの親善試合でイタリア代表のゴールマウスを守ったのは18歳のジャンルイジ・ドンナルンマ。その他にも20代前半の選手が着々と代表キャリアを積み重ねている。セリエAでも各クラブが育成に注力し、若いイタリア人選手を多く輩出している。なぜイタリアでは代表とクラブで若手選手が多く起用されるようになったのか。そこには2つの理由があった。(文:神尾光臣【ミラノ】)

マウリツィオ・サッリ

“銀行員”からCL16強監督。ナポリ率いるサッリとは何者か?異色の経歴歩む頭脳派指揮官の数奇な人生

イタリア・セリエAのナポリは、今季のUEFAチャンピオンズリーグでレアル・マドリーに惜敗するもベスト16進出を遂げた。チームを率いるマウリツィオ・サッリ監督は若手指導において高く評価されているが、実はプロ選手の経験はないどころか、元銀行マンという異色の経歴を歩んできている。一体サッリ監督とは何者なのだろうか。その数奇な人生を辿ってみよう。(文:神尾光臣【ミラノ】)

ミラン ユベントス

戦術大国イタリアのトレンド。もはや“カテナチオ”だけではない、監督たちのマニアぶり

かつては「カテナチオ」と呼ばれる堅守でワールドカップを制し、守備戦術の先駆けとして知られていたイタリア。しかし、近年のイタリアは決して守備戦術だけではない。攻撃にも様々な戦術が用いられるようになり、もはや「カテナチオ」と呼ばれる守備戦術を採用するセリエAのチームは見られなくなった。では、現在のセリエAではどのような戦術がトレンドとなっているのだろうか? 戦術大国イタリアの今に迫る。(文:神尾光臣【ミラノ】)

ユベントス

ユーベ、CL8強進出も指揮官は不満。10人の相手に苦戦…4強進出のために解決すべき課題

ユベントスは現地時間14日、チャンピオンズリーグ(CL)ベスト16の2ngレグでポルトとホームで対戦し、1-0の勝利。アウェイでの1stレグも2-0で先勝しており、合計スコア3-0でベスト8進出を決めた。ポルトは前半に退場者を出し、先制点を奪うことに成功したユベントスだが、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は反省の弁を口にしていた。一見すると上々の出来とも言える展開だが、果たして何が問題だったのだろうか。(取材・文:神尾光臣【トリノ】)

パウロ・ディバラ

ユーベvsミラン、議論を呼ぶPK判定。両チーム精彩欠いた凡戦、後味の悪い結末に

現地時間10日に行われたセリエA第28節のユベントス対ミランは、後半アディショナルタイムのPKが決勝点となり、2-1でユベントスが勝利した。しかし、そのPKの判定は微妙なもので、後味の悪い結末となってしまった。(取材・文:神尾光臣【トリノ】)

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top