バルサ、19本シュートで屈辱の無得点。相手守護神がセーブ連発…0ゴールは今季初

2017年11月01日(Wed)7時30分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

無得点に終わったリオネル・メッシ
無得点に終わったリオネル・メッシ【写真:Getty Images】

 現地時間10月31日にチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節の試合が行われ、バルセロナはギリシャ1部オリンピアコスのホームに乗り込んで対戦し0-0の引き分けに終わった。

 一つ前の試合ではジェラール・ピケが退場し10人になりながらもオリンピアコス相手に3-1の勝利をおさめている。しかし、今回は多くのシュートを放ちながらも無得点に終わった。英メディア『BBC』が公開しているデータによると、バルセロナのボール支配率は70%と相手を圧倒。19本のシュートを放ちながらノーゴールに終わったという。

 枠内シュートは6本あり、メッシが多くのチャンスを作り出していた。しかし、オリンピアコスの34歳GKシルヴィオ・プロトに何度もセーブされ得点には繋がらず。バルセロナにとって今季初の無得点試合となっている。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top