“レジェンド”ピルロがSMSで引退報告。「サッカー選手としての旅は終わった」

2017年11月07日(Tue)9時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

20171107_pirlo_getty
アンドレア・ピルロ【写真:Getty Images】

 ニューヨーク・シティFCに所属する元イタリア代表MFアンドレア・ピルロが自身のツイッターで心境を綴っている。

 現地時間5日、メジャーリーグサッカー(MLS)のイースタン・カンファレンスプレーオフ準決勝2ndレグが行われ、NY・シティはコロンバス・クルーと対戦した。試合は2-0でNYシティが勝利したが1stレグを1-4で落としたこともあり合計3-4で敗退が決まった。この試合で先月、今季限りでの引退を表明していたピルロが90分過ぎに出場しプロ選手としての最後の数分間を過ごした。

 試合後、ピルロはツイッターで「ニューヨークでの冒険だけでなくサッカー選手としての旅も終わった。私を支えてくれた家族並びに子供たちに感謝の気持ちを伝えたい」と投稿した。

 続けて「これまで私がプレーしたクラブ、私のキャリアにおいて素晴らしい経験をさせてくれた人々に対し感謝をしたいです」と心境を綴った。38歳のイタリア人は最後に「世界中のファンの大きな支えは私にとって唯一無二だった。貴方たちは私の心の中に常にいます」とサポーターへの感謝の気持ちを書いた。

 イタリアのブレシアでキャリアをスタートさせたピルロはインテルを経て2001年にミランへ移籍を果たす。ミランで才能を開花させたピルロは400試合に出場しセリエA優勝2回チャンピオンズリーグ(CL)を2度制した。その後2011年にユベントスへ移籍しリーグ4連覇に貢献するなど不動の地位を築いた。

 またイタリア代表としても116試合に出場し2006年ドイツW杯では優勝も経験している。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top