アメリカが新たな試み!W杯“非出場国”による大会を構想

2017年11月15日(Wed)15時15分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

20171115usa_getty
アメリカ代表のサポーター【写真:Getty Images】

 アメリカ合衆国サッカー連盟とサッカー専門のマーケティング会社『サッカーユナイテッドマーケティング』が共同で、W杯出場を逃した国のための大会を新たに構想しているようだ。メキシコ紙『レコルド』など複数のメディアが伝えている。

 先日スウェーデンに負け敗退が決定したイタリア代表然り、前回大会3位のオランダ代表や南米選手権を2連覇しているチリ代表など、多くの実力あるチームがロシアW杯に出場できない現状を見かねて、現在アメリカ合衆国サッカー連盟とサッカーユナイテッドマーケティング社が救済として新たな大会の構想を練っている。

 それは、今回のロシアW杯に出場できない全てのチームに出場資格のある大会となるようで、来年6月に行われるW杯の前に開催を予定しているという。米紙『ワシントン・ポスト』のスティーブン・ゴフ氏が自身のツイッターアカウントにて、同大会の概要を説明している。

 「アメリカ合衆国サッカー連盟とサッカーユナイテッドマーケティングは、イタリア、オランダ、ガーナ、チリのようなW杯に出場しないチームを来年の夏アメリカに招待する“可能性”を検討している。おそらくリスクを伴うことになるが、トライする価値はある」

 ゴフ氏が言うように、未だ大会が開催されるかどうかは検討中であるため、詳細はほとんど明らかとなっていない。

【了】

★W杯予選まとめはこちら★

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top