ネイマール、試合前にイングランドの若手FWとヒソヒソ話。気になる内容は…

2017年11月17日(金)9時45分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , ,

ネイマール
ネイマール(右)とラッシュフォード(左)の会話内容は意外にも…【写真:Getty Images】

 ブラジル代表のネイマールは、現地時間14日に行われたイングランド代表との親善試合に先発出場した。

 試合が始まる前に選手たちが集合するトンネルの中で、互いの再会を喜んだり、健闘を誓い合ったりするのはよくある話。クラブの試合でも代表戦でもよく見られる光景だ。

 だが、14日の試合前にブラジル代表のネイマールと、イングランド代表の若手FWマーカス・ラッシュフォードがかわしていた会話の意外な内容に注目が集まっている。英紙『メトロ』が報じた。

 ポルトガル語が母語で、スペイン語も喋ることができるネイマールは、英語が得意ではない。ラッシュフォードもポルトガル語やスペイン語は理解できないようだが、両者は簡単な英語でコミュニケーションを取っていたという。時に笑顔が見えた会話の内容を、『メトロ』紙は以下のように伝えている。

ネイマール(以下、N)「調子どう?」

ラッシュフォード(以下、R)「いいよ」

R「こっちにはどのくらいいるの? いつ帰る?」

N「明日…」

R「帰るの?」

N「そうだ」

R「寒いね!」

N「今日は…」

R「今日はマシな方だよ。いつもは…」

N「寒いのは嫌いなんだ」

R「君、寒いのダメなの?(笑)」

N「無理! 寒すぎる!(笑)」

 ファンはネイマールがラッシュフォードと握手した後、若い才能に称賛の言葉をかけることを期待したかもしれない。しかし、会話の内容はまさかの「天気」について。ラッシュフォードは冗談めかしてブラジルの大エースを“イジって”見せたが、ネイマールはイングランドの寒さが本当に苦手のようだ。パフォーマンスにも影響したか、直前の日本戦で輝いたブラジルのエースはイングランド戦無得点に終わっている。

【了】

★W杯予選まとめはこちら★

新着記事

↑top