ゲッツェ、足首負傷で前半戦絶望…代謝障害から復帰し今季リーグ戦10試合に出場

2017年11月28日(Tue)7時40分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

20171128_goetze_getty
ボルシア・ドルトムントのマリオ・ゲッツェ【写真:Getty Images】

 公式戦6試合連続で勝ちがないボルシア・ドルトムントに更なる試練となりそうだ。

 現地時間27日、ドルトムントは公式ツイッターで同クラブに所属するドイツ代表MFマリオ・
ゲッツェが右足首靭帯の部分断裂をしたと発表した。全治は約6週間でリーグ前半戦での復帰は絶望的となった。

 ゲッツェは現地時間25日に行われたブンデスリーガ第13節ホームでのシャルケ戦に先発出場したが相手選手と交錯し同箇所を負傷し78分に途中交代した。

 25歳のゲッツェは今年2月に“代謝障害”と診断されチームから離脱してしまい昨季公式戦わずか16試合の出場にとどまった。それでも今季はプレシーズンからチームに帯同し開幕戦でスタメン出場を果たすとこれまでリーグ戦10試合に出場していた。

 現地時間12月2日に行われるブンデスリーガ第14節のレバークーゼン戦では靭帯帯断裂の怪我でリハビリ中のMFマルコ・ロイスをはじめシャルケ戦で退場となったFWピエール=エメリク・オーバメヤンも出場停止ため試合には出られない。そこに復調してきたゲッツェの欠場はチームにとって大きな痛手になりそうだ。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top