マリオ・ゲッツェ

ジェイドン・サンチョ

欧州最強の盾は2度壊せず。ドルトムント、アトレティコに敗れても進む道に迷いなし

ボルシア・ドルトムントは現地時間6日、チャンピオンズリーグのグループリーグ第4節でアトレティコ・マドリーと対戦した。ホームでは完勝を収めていたが、アウェイでそうはいかない。しかし、欧州屈指の強豪と互角に戦えた事実から得るものは大きい。(文:本田千尋)

香川真司

香川の出場はあるか? 連戦が続くドルトムント。ロイスとゲッツェが示す、背番号23の役割

現地時間31日、ボルシア・ドルトムントはDFBポカール杯2回戦でウニオン・ベルリンと対戦する。指揮官は同試合でローテーションを行うことを示唆しており、怪我の状態次第では香川真司のも出番が回ってくるかもしれない。その中で求められることとは?(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

マリオ・ゲッツェ

アトレティコをも粉砕。ドルトムントの落ちぬクオリティ、ゲッツェがもたらす新たな可能性

現地時間24日に行われたチャンピオンズリーグ・グループリーグA組第3節、ボルシア・ドルトムント対アトレティコ・マドリーの一戦は4-0でホームチームが勝利した。エースであるパコ・アルカセルが不在の中でも落ちぬクオリティを発揮し、大勝を収めたドルトムント。その立役者はあの男だった。(文:本田千尋【ドイツ】)

20180318_kagawa_getty

香川真司の「予感」的中の兆し。ドルト、1つになった最終目標への「苦しい戦い」

ボルシア・ドルトムントは18日のブンデスリーガでハノーファーと対戦する。フィジカルが強く[プレッシング+ショートカウンター]が武器の相手は苦戦必至。監督がどのスタイルを選ぶかに注目だ。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

新着記事

FChan TV

↑top