大迫勇也所属のケルン、52年ぶり不名誉記録更新…15試合で勝点3はブンデス史上初

2017年12月11日(Mon)9時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

20171211_koeln_getty
ケルン【写真:Getty Images】

 日本代表FW大迫勇也が所属するケルンはリーグ戦で2つの不名誉な記録を樹立した。

 現地時間10日、ブンデスリーガ第15節が行われケルンはホームでフライブルクと対戦し3-4で敗れた。90分まで3-2とリードしていたケルンだったが、ロスタイムに2つのPKを献上しまさかの逆転負け。なお、ロスタイムで2つのPKを取られたチームはブンデスリーガ史上ケルンが初めてのようだ。

 また15節を終えた時点で勝ち点3は55年の歴史をもつブンデスリーガ史上最低の数字である。これまでの記録は1965/1966シーズンにタスマニア・ベルリンが持っていた勝ち点4だ。ちなみにこのシーズンのタスマニア・ベルリンは15ゴール108失点で最終勝ち点8(当時は勝利が勝ち点2。現在の勝ち点3ポイント制に照らし合わせると勝ち点10)とブンデスリーガワースト記録を持っている。
 
 入れ替え戦圏内の16位まで12ポイント離れているケルンは現地時間13日アウェイで首位を走るバイエルン・ミュンヘンと対戦する。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top