大迫勇也

1009minamino_kubo_getty

カギ握る南野拓実、久保建英らシャドウの人選。大迫勇也と同じプレーは無理…今こそ採るべき3バック

10日のモンゴル戦を控える日本代表は、さいたま市内で調整を行った。大迫勇也が怪我で不在の中、永井謙佑に加えて今回は、浅野拓磨と鎌田大地を久々に招集。南野拓実、中島翔哉、堂安律、久保建英らが名を連ねるアタッカー陣の中で、最適解を見つけることができるだろうか。(取材・文:元川悦子)

JOY

タレント・JOYが選ぶ歴代日本代表最強イレブン! 中田英寿に中村俊輔、現役から選ばれたのは!?【編集部フォーカス】

芸能界屈指のサッカー好きとして知られるタレントのJOYさんが、歴代の日本代表戦士のなかから最強イレブンを選出! システムは3-5-2を採用。いったい誰が選ばれているのか!(選定:JOY、取材・文・構成:小澤祐作)

1008osako_getty

日本代表、変更なき選考から生まれた“見えない競争”。大迫不在で必要とされるソリューション

カタールワールドカップアジア2次予選で日本代表は、10日にモンゴル戦、15日にタジキスタン戦を控えている。大迫勇也が怪我で選外となったことで、不在時の解決策を試す好機になる。9月に招集された23名のうち21名が再選となった日本代表だが、それぞれのポジション争いは活性化されるだろう。(文:河治良幸)

0915_osako_shibasaki_getty

日本代表を支える2人のバイプレーヤー。スターに依存しない、ユニットとしてのチーム構築【英国人の視点】

日本代表は9月に行われた2試合でともに勝利を収め、ワールドカップアジア2次予選で白星スタートを切った。森保一監督は、3度のリーグ制覇を達成したサンフレッチェ時代と似たチーム作りをここまでの戦いで見せている。特定のスター選手に依存しない、そのアプローチとは、どのようなものだろうか。(取材・文:ショーン・キャロル)

新着記事

FChan TV

↑top