1352億円のCロナ、契約解除金の引き下げをクラブに要求? 希望する金額は…

2017年12月30日(Sat)11時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

クリスティアーノ・ロナウド
マドリーに所属するクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

 レアル・マドリーに所属する32歳のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長に対して契約解除金を現実的な金額に引き下げるよう要求しているようだ。29日に英メディア『デイリー・レコード』が報じている。

 同メディアによると、C・ロナウドに設定されている現在の契約解除金は10億ユーロ(約1352億円)だという。あまりにも現実離れした金額であるため、来年夏の移籍が噂されるC・ロナウドが、契約解除金を10分の1以下となる1億ユーロ(約135億円)への引き下げをクラブに求めているようだ。

 C・ロナウドに関してはパリ・サンジェルマン(PSG)や古巣のマンチェスター・ユナイテッドが以前から獲得を検討している。一人の選手に総額1億ユーロ以上の投資を経験したことがあるPSGやユナイテッドからしてみれば、1億ユーロは手が届く金額と言えるだろう。ただ、マドリーの絶対的エースであるだけにクラブが承諾するとは考えにくいが、果たして…。

【了】

新着記事

↑top