チェルシーの黄金期知る“バイソン”が韓国移籍か!? カメルーンの英雄も?

2018年01月17日(Wed)11時22分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

マイケル・エッシェン
チェルシー在籍時のマイケル・エッシェン【写真:Getty Images】

 韓国1部(Kリーグ)の複数のクラブが、インドネシア1部のプルシブに所属する35歳の元ガーナ代表MFマイケル・エッシェン(愛称:バイソン)獲得に向けて動いているようだ。17日に韓国紙『スポーツ・ソウル』が報じている。

 同紙によると、エッシェンの代理人が「最近エッシェンと韓国移籍に向けて詳細な会話を交わした。間違いなく流れは来てるね」と語ったという。続けて「移籍金から見ると韓国国内では上位に位置するだろう。しかし、獲得するのに不可能な金額ではない」とも答えている。具体的なチーム名には言及しなかったが、Kリーグの複数のクラブと交渉を行なっているようだ。

 エッシェンはかつて2005年から2014年までチェルシーに在籍し(2012/2013シーズンはレアル・マドリーにレンタル移籍)、プレミアリーグ優勝やチャンピオンズリーグ制覇、FA杯などの国内タイトル獲得に大きく貢献。チェルシーの“黄金時代”を築いた。ガーナ代表としても活躍し、2006年W杯ではチームのベスト16進出に貢献している。現在はインドネシア1部で活躍中だ。

 また、エッシェンの代理人は他のアフリカ人選手にも言及。「カメルーンの英雄、サミュエル・エトーなど様々なアフリカ出身の選手がKリーグに興味を示している」と語り、韓国行きを考えている選手がいることを明かした。

【了】

新着記事

↑top