スペイン紙がアンケート実施。ロナウドの残留希望に過半数が「ノー」

2018年01月18日(Thu)16時30分配信

photo Getty Images
Tags: , ,

20180118ronaldo1_getty
レアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

 レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドにクラブ退団の噂が立っている。

 ロナウドは今季4位に沈むチームと共に好調を維持することができず、現在リーグ戦で決めたゴールは4と本来の力を発揮できていない。その上、現在では来夏のクラブ退団の可能性が浮上していることもあり、チームにおける立場が危うくなっているという見方もある。

 そんな中、スペイン紙『アス』は「ロナウドに残ってほしいか」というテーマでアンケートを実施。約125000人の読者が回答し、「ノー」と答えた人は全体の67.5%に昇るという。

 年俸5000万ユーロ(約66億円)の新契約を結んだバルセロナのFWリオネル・メッシや、3600万ユーロ(約47億円)を年間で稼ぐパリ・サンジェルマンのFWネイマールに比べ、2100万ユーロ(約27億円)では満足しないロナウドは、現在給料の引き上げをフロレンティーノ・ペレス会長に要求している。

 しかし、チャンピオンズリーグと国内リーグの2冠に大きく貢献した昨季までのパフォーマンスに比べ明らかに調子を落としているロナウドのクラブ残留には、賛同するファンも少しずつ減ってきている可能性がないとも言えない。

【了】

新着記事

↑top