アレクシス・サンチェス
マンU加入が迫るアレクシス・サンチェス【写真:Getty Images】

 アーセナルのFWアレクシス・サンチェスは、まもなくマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が決まる見通しとなっている。アーセナルのレジェンドであるマーティン・キーオン氏は、この移籍を酷評した。『マンチェスター・イブニング・ニュース』などが伝えている。

 サンチェスに対しては以前からマンチェスター・シティが関心を示していたものの、最終的にはユナイテッドへ行くことになるようだ。

 キーオン氏は「サンチェスはサッカー界で最大の金で雇われた兵士になろうとしている」とバッサリ。同氏はシティ移籍ならまだ理解はできるという印象を持っており、以下のように話した。

「シティは夏もサンチェスのことを欲しがっていた。1月に実現しなければ、シーズンが終わるまで彼らは待つことができる。サンチェスが自分のサッカーを伸ばすなら、シティはナチュラルな行き先だ。(監督の)ペップ・グアルディオラと前に一緒だったしね」

「ただ、これはサンチェスにとって、最高のチームへ行くことではない。夏まで待ったらこれ以上のオファーはないと思ったのかもしれない。彼にとっての最高のオファーとは、全てカネについてだったんだ」

 サンチェスはユナイテッドで年俸1400万ポンド(約22億円)の契約を交わすと伝えられている。

【了】

新着記事

↑top