本田圭佑、攻撃で圧倒的存在感。4試合連続で得点に関与…前期王者を陥れた本物の“巧さ”

現地時間27日に行われたメキシコ1部後期リーグの第4節、パチューカの本田圭佑は先発出場でゴールを奪った。チームは前期王者ティグレスに2-3で敗れたものの、これまでと違う形でのゴールで本田が示した“巧さ”は際立った。4試合連続で得点シーンに絡んで、その存在感は圧倒的なものになりつつある。(文:河治良幸)

2018年01月29日(Mon)11時36分配信

text by 河治良幸 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

パチューカ敗戦も…本田はトップ下で存在感

本田圭佑
本田圭佑は4試合連続で得点に関与。パチューカの攻撃で圧倒的な存在感を放つ【写真:Getty Images】

 リーガMX(メキシコ1部)の後期リーグの第4節が現地時間27日に行われ、パチューカは前期リーグ王者のティグレスと対戦した。

 その試合に先発出場したパチューカの本田圭佑は80分に敵地でチームの2点目となる貴重な同点ゴールを挙げた。しかし、ティグレスのフランス代表FWアンドレ・ピエール・ジニャックに左足ボレーシュートで勝ち越しゴールを許して敗戦。これでパチューカは1勝1分2敗となった。

 チームは残念な結果に終わったが、本田のゴールは後期リーグで2得点目、シーズン通算で5得点目となった。メキシコでも守備のプレッシャーの強さで知られるティグレスに対し、トップ下の本田は相手MFのプレスを幅広い動きでいなしながら、周囲の選手と絡んで好機を演出した。

 前半の最も大きなチャンスは本田のディフェンスから生まれたもので、左サイドを抜け出したエリック・アギーレのシュートがアルゼンチン人GKナウエル・グスマンに弾かれると、FWのフランコ・ハラが押し込もうとして再びGKに抑えられるという惜しい形だった。

 さらに本田はカウンターからドリブルで中央突破を試みるなど攻撃面で存在感を示したが、なかなかゴールできないうちに右のクロスからティグレスに2点を献上してしまう。そこからアンヘル・サガルの豪快な左足シュートで1点差としたパチューカは、さらに本田のゴールで一時は同点に追いつく。

 本田の後期2得点目はペナルティエリア内の巧妙な動き出しがフリーでのシュートに結びついた。ボランチのホルヘ・エルナンデスによる高い位置でのボール奪取が起点になった場面、トップ下の本田は相手ディフェンスラインの手前でティグレスのMFヘスス・ドゥエニャスにマークされる状態になっていた。

1 2

新着記事

↑top