バルサ、2年間で与えたPK「ゼロ」。リーガでの前回のPKから76試合経過

2018年02月12日(Mon)11時50分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

バルセロナ
ヘタフェとドローに終わったバルセロナ【写真:Getty Images】

 バルセロナは、リーガエスパニョーラで相手チームにPKを与えていない期間が2年間に到達することになった。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 現地時間11日にはリーガ第23節の試合で、MF柴崎岳の所属するヘタフェと対戦したバルサ。今季初の無得点でスコアレスドローに終わったが、この試合でもPKを取られることはなかった。

 バルサがリーガの試合で最後にPKを取られたのは、2016年2月14日に行われたセルタ戦。次節のエイバル戦は17日に行われるため、ヘタフェ戦を終えた時点で、PKを与えていない期間が2年間を超えることが確定した。

 リーガ全体では、この2年間に行われた76節分の試合で、合計224本のPKが取られている。バレンシアとセルタが最多の18本を与える一方で、バルサの与PKはゼロ。ライバルのレアル・マドリーは同期間に8本のPKを取られている。

 昨季は1970/71シーズン以来46年ぶりに、1本もPKを与えることなくシーズンを終えた。今季の残り15試合でもPKがなければ2シーズン連続となる。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top