イニエスタ、神戸移籍は最終段階。報じたのは伝統の老舗メディア。”煽り”とは異なる信ぴょう性

FCバルセロナ生え抜きのキャプテン、アンドレス・イニエスタがJリーグのヴィッセル神戸へ移籍する…というニュースは世界を騒がせた。だが、実際にこの話はどれほど現実味のあるものなのだろうか。第一報を伝えた地元メディアの事情を紐解くことで、その信ぴょう性が増してきていることがわかった。(取材・文:山本美智子【スペイン】)

2018年05月11日(Fri)11時10分配信

text by 山本美智子 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

イニエスタの神戸移籍。第一報を伝えたのはラジオ

イニエスタ
アンドレス・イニエスタは涙を流しながら今季限りでのFCバルセロナ退団を発表していた【写真:Getty Images】

 FCバルセロナのキャプテン、栄光のスペイン代表のパスサッカーを象徴し、スペイン国内で最も愛されていると言っても過言ではない選手、アンドレス・イニエスタが来季、日本でプレーする。移籍先は、Jリーグのヴィッセル神戸だ。

 こんな衝撃的なニュースが流れたのは、今週、月曜日(7日)の午後だった。なぜこのニュースがそんなに衝撃的だったのか? それは、誰もがイニエスタは来季、中国の重慶当代力帆足球倶楽部でプレーすると信じて疑っていなかったからだ。

 何もあの実力で、中国に行かなくても…という意見は、まことしやかにささやかれていたものの、重慶のクラブ会長自身が数日前に「アンドレス・イニエスタの到着は、重慶の大きな機動力となるだろう。我々のブランドにプラスアルファを与えてくれると確信している」と話していたため、それを疑う声はなかった。

 ちなみに、この衝撃的なニュースの第一報を伝えたのは『カタルーニャラジオ』だ。FCバルセロナが試合前後に行う監督記者会見で、国内外を問わず、全メディアの前で最初に質問することを許されている老舗のメディアであり、FCバルセロナの歴史と共に歩んできている。

 その取材力には定評があり、視聴率稼ぎに根拠のない情報を流すタイプのメディアではない。また、地元のテレビ局『TV3』は、多くのFCバルセロナの試合の放映権を手にしている。それはサッカーのトップチームに限らず、バルサユースの試合から、バスケットボール、ハンドボール、フットサルといった試合の放映にまで及び、FCバルセロナとの関係の深さを表現しているテレビ局だが、その局が試合を提供する際に流す音声は、『カタルーニャラジオ』のものだ。

 昨年、楽天がFCバルセロナの胸スポンサーープレミアムパートナーーとなった際に、公式発表より一早く、報道したのも『TV3』だった。つまり、この地元の2大メディアーー『カタルーニャラジオ』と『TV3』ーーは、FCバルセロナ内で非常に大きな力を持っているのだ。

1 2 3

新着記事

↑top