山本美智子

スペインリーグを追って12年、バルセロナ(スペイン)在住暦は15年。ネットもない時代に単身で通訳を目指し、スペインに渡ったはずがスポーツ紙通信員に抜擢され、気づいたら、TV番組への情報提供、取材コーディネーション、選手インタビュー、サッカーコラム提供など、すっかり“サッカーのよろずや”と化していた。スペイン人の夫もサッカーカメラマンとあって、サッカー論議は日常茶飯事。仕事外でもサッカー漬けの日々。

イニエスタ

イニエスタ、神戸移籍は最終段階。報じたのは伝統の老舗メディア。”煽り”とは異なる信ぴょう性

FCバルセロナ生え抜きのキャプテン、アンドレス・イニエスタがJリーグのヴィッセル神戸へ移籍する…というニュースは世界を騒がせた。だが、実際にこの話はどれほど現実味のあるものなのだろうか。第一報を伝えた地元メディアの事情を紐解くことで、その信ぴょう性が増してきていることがわかった。(取材・文:山本美智子【スペイン】)

ロシアワールドカップを最後にスペイン代表から引退する意向を表明したジェラール・ピケ

ピケ、代表引退宣言の発端。スペイン代表の複雑さ。一部サポーターとの埋まらない溝

スペイン代表は、ルイス・アラゴネス、ビセンテ・デル・ボスケの両監督が率いた黄金時代を経て、フレン・ロペテギ体制をスタートさせた。だが、以前もあったジェラール・ピケの問題が再燃し、ピッチ外での話題が多い状況となっている。レアル・マドリーとバルセロナの因縁に加えてカタルーニャ独立問題が起きている今、“無敵艦隊”を取り巻く状況は複雑だ。(取材・文:山本美智子【バルセロナ】)

久保建英 リオネル・メッシ

久保建英を“日本のメッシ”と煽る危険性。天才少年苦しめたサッカー史最大の“奇跡”との比較

ことあるごとに話題にのぼる久保建英。以前はバルサに在籍し、現在もその才能をいかんなく発揮する久保には大きな注目が集まるが、スペイン在住記者はその状況に警鐘を鳴らす。“日本のメッシ”とメッシと比較することもあるが、果たしてそのような重圧のかけ方は選手育成にとって健全なのか。同様の騒動でかつては天才少年が苦しめられたことがあったのだ。(取材・文:山本美智子【バルセロナ】)

9月の代表戦が終わりバルセロナに合流するネイマール

ネイマール、バルサへ帰還。懸念される“ブラジル人気質”。今季は一つの正念場に

リオ五輪とW杯予選に出場するため、バルセロナへの合流が遅れているネイマール。ブラジル代表の10番が不在の間に、カタルーニャのクラブは内情を変化させている。メッシ、ルイス・スアレスらと織りなすMSNは、今シーズンも強烈な破壊力を見せつけることができるだろうか。(文:山本美智子【バルセロナ】)

清武弘嗣は開幕戦でリーガ初ゴールを記録した

清武も1ゴール。開幕節で41点が生まれたリーガ。ネイマール不在も、バルサの圧倒的な破壊力

開幕節から数多くのゴールが生まれたリーガエスパニョーラ。昨シーズンの王者、バルセロナはリオ五輪に出場しているネイマールを欠きながらも、圧倒的な攻撃力を示し、6得点を奪い大勝した。日本代表の清武弘嗣も第1節からゴールを奪い勝利に貢献。今季もスペインではハイレベルな戦いが繰り広げられている。(文:山本美智子【バルセロナ】)

UEFAスーパーカップはレアル・マドリーとセビージャで争われる

2つのスーパーカップへの疑問。主力欠場のレアル。サポーター軽視、視聴率重視の日程

ヨーロッパサッカーのシーズン開幕を告げるスーパーカップ。日本代表の清武弘嗣が所属するセビージャは、現地時間9日、EL王者としてCL王者レアル・マドリーとのUEFAスーパーカップに挑み、さらに週末には、バルセロナとのスペインスーパーカップにも臨むことになっている。リーグ戦開幕前に行われるこれらの大会の開催意義はどこにあるのか、改めて考えてみたい。(文:山本美智子【バルセロナ】)

バレンシアからバルセロナへの移籍が決まったアンドレ・ゴメス

バルサ、A・ゴメス獲得の舞台裏。バレンシアを救う移籍か。見逃せない敏腕代理人の存在

バルセロナがレアル・マドリーとの競争を制して獲得したポルトガル代表、アンドレ・ゴメス。EURO2016で母国の優勝に貢献したMFは、なぜカタルーニャのクラブへ行くことになったのか。そこには選手の意思はもちろん、所属元だったバレンシアの置かれた状況、またエージェントの存在が介在しているように思える。(取材・文:山本美智子【バルセロナ】)

20151122_real_rafa

クラシコが突きつけたバルサとの差。問題は指揮官にあらず。レアルにはびこる根深い課題

レアル・マドリーのホーム、サンチャゴ・ベルナベウで行われたバルセロナとの直接対決“クラシコ”。結果は0-4でバルセロナの勝利。衝撃的ともいえるスコアだが、この結果にはピッチ内外での両クラブの差が反映されていた。

引退を発表したラウル・タムード。“ワールドクラス”でなくとも“地域密着”で地元に愛された名選手

引退を発表したラウル・タムード。“ワールドクラス”でなくとも“地域密着”で地元に愛された名選手

エスパニョールをキャプテンとしてけん引し、現在は2部のサバデルFCに所属しているFWラウル・タムードが現役引退を発表した。決してワールドクラスといえる選手ではないが、地元のクラブで育ちキャプテンまで務め上げた名手にクラブもサポーターも大きな愛情を捧げている。

ピケに下された4試合出場停止は妥当か? ピッチ外でも影響与える見えない“黒服”の存在

ピケに下された4試合出場停止は妥当か? ピッチ外でも影響与える見えない“黒服”の存在

スペインでは、“黒服”と呼ばれる人物がサッカーの試合に存在する。試合を裁く主審の別称だ。その昔、主審は必ず黒い服を着ると決められていたことから今日に至るまでこの表現が名残として残されておいる。試合でジャッジを下す“黒服”だが、ピッチ外にも影響を与えることは珍しくはないようだ。試合中の暴言により4試合の出場停止処分を下されたバルセロナのジェラール・ピケもその例のひとつである。現地在住記者が追った。

レアル主将カシージャス、去る時は裏門から――。決別選んだペレス会長、守護神との間に生まれた軋轢

レアル主将カシージャス、去る時は裏門から――。決別選んだペレス会長、守護神との間に生まれた軋轢

レアル・マドリーのイケル・カシージャスは、25年過ごしたクラブに別れを告げた。最後はひとりで会見に現れる形で。後日サンチャゴ・ベルナベウで退団セレモニーを行ったマドリーの偉大なキャプテンは、数々のタイトル獲得に貢献しながら、追われるようにクラブを後にした。

日本協会、日韓W杯汚職疑惑は事実か? 信ぴょう性高いスペイン紙報道。限りなく濃いFIFAの闇

日本協会、日韓W杯汚職疑惑は事実か? 信ぴょう性高いスペイン紙報道。限りなく濃いFIFAの闇

サッカー界を揺るがす“FIFAゲート”。多くの報道の中で、スペイン紙は2002年日韓W杯において日本サッカー協会が南米サッカー協会に150万ドルを送金したと報じている。この疑惑は事実なのか? 現地在住記者が追う。

ピケに浴びせられた理不尽なブーイング。スペインの代表離れを加速させるメディアの“煽り”

ピケに浴びせられた理不尽なブーイング。スペインの代表離れを加速させるメディアの“煽り”

世界中のサッカーファンから尊敬と人気を集めるスペイン代表。しかし、本国では“代表離れ”の傾向が続いている。その要因の1つといえるのがメディアによる煽りだ。理不尽な報道が不要なブーイングを呼ぶ姿に背を向け始めるファンも少なくない。

故郷に錦を。クラブへの愛がレアルを変えるか。新指揮官ベニテスに望むこと

故郷に錦を。クラブへの愛がレアルを変えるか。新指揮官ベニテスに望むこと

レアル・マドリーは、またも指揮官交代に踏み切った。10度目のCL優勝をもたらしたカルロ・アンチェロッティ監督を解任し、ラファエル・ベニテス監督を招へい。マドリード出身の新指揮官はどのようにクラブを変えるのだろうか。

去り行くバルサの伝説――。シャビ・エルナンデスがカンプ・ノウがかけた“魔法”。決して褪せないスペイン史に残る偉大な功績

去り行くバルサの伝説――。シャビ・エルナンデスがカンプ・ノウにかけた“魔法”。決して褪せないスペイン史に残る偉大な功績

5月21日は、彼にとって大きな決断を下した日だった。17年間バルセロナでプレーしたシャビ・エルナンデスが、同クラブからの退団を発表した。彼がバルサに残した功績は、とてつもなく偉大なものだった。

新着記事

FChan TV

↑top