インテル、CL出場に望みつながる。ラツィオがクロトーネとドロー、4位以内決められず

2018年05月13日(Sun)23時56分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

20180514_simy_getty
ラツィオ、CL出場決められず【写真:Getty Images】

【クロトーネ 2-2 ラツィオ セリエA第37節】

 現地時間13日に行われたセリエA第37節でラツィオはクロトーネと対戦し、敵地で2-2と引き分けた。この結果、ラツィオのチャンピオンズリーグ出場権獲得は決まらず。インテルは4位浮上の可能性が残った。

 5位インテルが前日の試合で勝利を逃したため、勝てば4位以内が確定するラツィオは、良いスタートを切った。17分にPKを獲得すると、ルリッチが決めて先制する。

 しかし、残留争い中のクロトーネも諦めない。29分、マルテッラのクロスにシミーが合わせて同点とすると、61分にはチェッケリーニが逆転弾。クロトーネがリードを奪う。

 インテルとの最終節直接対決を前にチャンピオンズリーグ出場権を確保したいラツィオは、来季インテル加入濃厚と言われるデ・フライも奮闘を見せる。

 84分、ラツィオはミリンコビッチ=サビッチが同点弾を決めると、その後も猛攻を続ける。しかし、逆転のゴールは生まれなかった。

 試合は2-2の引き分けで終了。ラツィオは最終節、勝ち点3差で5位インテルと対戦する。

【得点者】
17分 0-1 ルリッチ(ラツィオ)
29分 1-1 シミー(クロトーネ)
61分 2-1 チェッケリーニ(クロトーネ)
84分 2-2 ミリンコビッチ=サビッチ(ラツィオ)

【了】

新着記事

↑top