ロシアW杯ベストイレブン。Fチャン編集部が選定、世界最高峰の激闘を彩った名手たち【編集部フォーカス/ロシアW杯】

 ロシアワールドカップは現地時間15日、フランス代表の優勝で幕を閉じた。約1ヶ月間に及ぶ戦いに出場した32ヶ国736人の選手たちの中で、最も活躍した11人は誰なのだろうか。フットボールチャンネルでは今大会のグループリーグ初戦から決勝戦までの全試合を踏まえ、世界の頂点を目指す4年に一度の祭典におけるベストイレブンを選出した。

2018年07月16日(Mon)10時50分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

決勝Tで複数失点は日本戦のみ。シュートを止め続けた守護神

ティボ・クルトワ
ベルギー代表のGKティボ・クルトワ【写真:Getty Images】

GK:ティボ・クルトワ(ベルギー代表/1)

生年月日:1992年5月11日(26歳)
今大会成績:7試合出場(630分)/6失点

 毎試合のようにビッグセーブを連発し、ベルギーの堅守を支えた。大会を通じたセーブ数は全GK中最多で、全試合フル出場。クルトワが決勝トーナメントで複数得点を奪われたのは1回戦の日本戦のみだった。そして今大会のゴールデングローブ(最優秀GK賞)を受賞している。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

新着記事

FChan TV

↑top