クリスティアーノ・ロナウド
クリスティアーノ・ロナウドがいなくなったレアル・マドリー【写真:Getty Images】

 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがユベントスへ移籍したレアル・マドリーは、新たな時代に突入しようとしている。このままいくと、2018/19シーズンはバロンドール受賞者が不在のシーズンとなるのだ。

 世界トップレベルのレアル・マドリーには、常に世界トップレベルの選手がいた。2009年から同クラブで活躍したC・ロナウドは、2008年にマンチェスター・ユナイテッドでバロンドールを受賞すると、レアル・マドリーでは同賞を4度受賞している。

 レアル・マドリーとバロンドール受賞者の関係は深く、C・ロナウド以前には元ブラジル代表のカカー、元イタリア代表のファビオ・カンナバーロ、元イングランド代表のマイケル・オーウェン、元ブラジル代表のロナウド、元フランス代表のジネディーヌ・ジダン、元ポルトガル代表のルイス・フィーゴと、バロンドール受賞者が常に在籍していた。

 フィーゴ氏のバロンドール受賞が2000年で、それ以降のレアル・マドリーは同賞受賞者の在籍が途切れたことはなかった。

 2000年以降、初めてバロンドール受賞者が不在となったレアル・マドリーだが、MFルカ・モドリッチはクロアチア代表として出場したロシアワールドカップで最優秀選手賞を受賞するなど、2018年のバロンドール候補に挙がっている。「バロンドール受賞者不在」の時代はすぐに終了するのだろうか。

【了】

日本代表ロシアW杯ベスト16 メモリアル
『日本代表ロシアW杯ベスト16 メモリアル』緊急刊行!
ロシアでの「激闘を追体験」をコンセプトに日本代表の試合と選手を美麗な写真約250点を使って振り返る永久保存版のメモリアルな一冊。

新着記事

FChan TV

↑top