“世界王者”フランス、現地記者が次世代のスター6人を選出。W杯優勝国にひしめく有望株たち

ロシアW杯王者のフランス。その国内リーグであるリーグ・アンの幕開けが近づいている。プレミアリーグなどに比べ人気度が落ちる同リーグだが、将来有望な選手が多数いるのが実に魅力的なリーグでもある。そこで今回は、フランス在住の記者が注目する6人の若手選手をピックアップした。(文:小川由紀子【フランス】)

2018年08月10日(Fri)10時20分配信

text by 小川由紀子 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

リーグ・アン人気の回復へ。W杯優勝記念のイベントも開催

フランス代表
ロシアW杯優勝を果たしたフランス代表【写真:Getty Images】

 ワールドカップ優勝国フランスの国内リーグ、リーグ・アンの新シーズンが、8月10日に幕を開ける。

 栄えあるオープニングマッチは、酒井宏樹が所属するマルセイユ対トゥールーズだ。翌土曜日は昨季準優勝のASモナコがナントに乗り込む。日曜の15時キックオフのデーゲームはリヨン対アミアン戦。そして、第1節のトリ、21時のナイトゲームで王者パリ・サンジェルマン(PSG)が登場する。対戦相手はカーンだ。

 開幕戦では、イベントも企画されている。フランス代表戦士を祝うワールドカップ優勝トロフィーツアーだ。

 まずトロフィーは10日にマルセイユの本拠地ヴェロドロームへ。ここにはスティーブ・マンダンダ、フロリアン・トーバン、アディル・ラミがいる。翌日はリヨンに移動してナビル・フェキルを讃え、日曜はパリに戻ってPSG戦でキリアン・エムバペ、プレスニル・キンペンベ、アルフォンス・アレオラを祝う。モナコだけ初戦がアウェーなため、ジブリル・シディベのセレブレーションは翌週に持ち越される。

 プロリーグ協会も粋なはからいを、と思ったら、入れ知恵したのはどうやらリヨンのジャン・ミシェル・オラス会長らしい。リーグ・アンはスペインのリーガやイングランドのプレミアリーグなどと比べると人気度も低いから、あらためてワールドカップ優勝国であることをアピールする狙いもあるのだろう。

 プロリーグ協会が発表した今シーズンのリーグ・アンのスローガンは、『 la Ligue des talents』だ。リーグ1はタレントの宝庫だぞ、と謳っている。

 国内ではすでに超有名選手だったキリアン・エムバペも、この大会で全世界的に知名度が高まった。リーグ・アンは、彼のような将来有望なタレントを続々輩出するリーグなのだ。

 このスローガンを証明するかのごとく、今シーズンはとりわけ面白そうな若手タレントが集まってきた。その中から、選りすぐりの6人をピックアップしてみたい。

1 2 3

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top